ピエール・ジャネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール・ジャネ(Pierre Janet、1859年5月30日 - 1947年2月24日)はフランス心理学者精神科医。1898年からソルボンヌ大学講師、1902年からコレージュ・ド・フランス教授を務めた。

1859年にパリリュクサンブール宮殿公園近くのマダーム街46に生まれる。ポール・ジャネの甥であり、弟にジュール・ジャネがいる。サント・バルブ・デ・シャン学院で初等教育を受ける。15歳でうつ病となる。その後うつ病と闘病となる。1878年バカロレア(大学入学資格試験)に合格、1880年に文学士。1881年、科学系の大学入学資格者の資格を得て1882年に哲学教授資格試験に合格(2位)、ジャン=マルタン・シャルコーの下で催眠療法の研究に従事する。解離について研究。1887年心的外傷の意味で : traumaトラウマ)という術語を造語しトラウマ記憶の感覚、知覚、感情、再上演行動(reenactment)なども研究。ジグムント・フロイトより先に無意識を発見したとも言われる。またカール・グスタフ・ユングにも講義し影響を与えたとされる。1947年、パリで死去。

主な著書[編集]

  • 『心理自動現象』(L'Automatisme psychologique)(1889年
  • 『ヒステリー患者における精神障害の研究への寄与』(Contribution à l'étude des accidents mentaux chez les hystériques)(1893年
  • 『神経症と固定観念』(Névroses et idées fixes)(1898年
  • 『強迫観念と精神衰弱』(Les Obsessions et la psychasthénie)(1903年
  • 『神経症』(Les Névroses)(1909年
  • 『心理学的医療』(Les médications psychologiques)(1919年
  • 『心理学的医学』(La médecine psychologique)(1923年
  • 『不安から恍惚へ』(De l'angoisse à l'extase)(第1巻 1926年、第2巻 1928年
  • 『心理発達の諸段階』(Les stades de l'évolution psychologique)(1926年
  • 『内的思考とその障害』(La pensée intérieure et ses troubles)(1927年
  • 『記憶の進化と時間観念』(L'évolution de la mémoire et la notion du temps)(1928年)
  • 『人格の心理発達』(L'évolution psychologique de la personnalité)(1929年
  • 『心理的強さと弱さ』(La force et la faiblesse psychologique)(1932年
  • 『愛と憎しみ』(L'Amour et la haine)(1932年)
  • 『知性のはじまり』(Les débuts de l'intelligence)(1935年
  • 『ことば以前にある知性』(L'intelligence avant le langage)(1936年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]