ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーニョロ・ブロンズィーノによるピエロ・イル・ファトゥオの肖像

ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(Piero di Lorenzo de' Medici 1472年2月15日 - 1503年12月28日)は、フィレンツェメディチ家の当主の一人。フィレンツェ共和国を追放され、早世したため、ピエロ・ロ・スフォルトゥナート(Piero lo Sfortunato、不運なピエロ)あるいはピエロ・イル・ファトゥオ(Piero il Fatuo、愚昧なピエロ)と通称される。ロレンツォ・デ・メディチとクラリーチェ・オルシーニの長男で、ジョヴァンニ(ローマ教皇レオ10世)、ジュリアーノの兄である。

メディチ家最盛期を築いた父・ロレンツォが43歳の若さで病死し、20歳の若さで家督を継ぐ。元々人望に乏しく、不満も高まっていたが、1494年フランス軍がナポリ王国を目指して侵攻した際、抗戦せず独断でフランス軍の入城を許可したため、フィレンツェを追放され、メディチ銀行も破綻した。メディチ家は亡命生活を送ることになる。

その後、ピエロはチェーザレ・ボルジアの軍と共に行動していたが、1503年、戦闘で逃走中にガリリャーノ川で溺死した。ピエロの死により、メディチ家の当主は弟のジョヴァンニ(枢機卿。後のローマ教皇レオ10世)に継承された。

ピエロの子ロレンツォ1513年、ジョヴァンニと共にフィレンツェに帰還し、復権を果たす。

先代:
ロレンツォ・イル・マニフィコ
フィレンツェの僭主
1492年 - 1494年
次代:
(共和制に復帰)