ピエロ・ガンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエロ・ガンバ(Piero Gamba, 1936年9月16日 - )は、イタリア出身の指揮者ピアニスト[1]ピエリーノ・ガンバ(Pierino Gamba)としても知られる[2]

略歴[編集]

イタリアのローマに生まれる。11歳で指揮者としてデビューを果たすなど、その神童ぶりを発揮する。その後は多くのオーケストラを指揮し、1971年から1980年までウィニペグ交響楽団の音楽監督を歴任。以降はヨーロッパから南米アジアにわたる世界各国の主要なオーケストラと共演を果たしている(モントリオール交響楽団トロント交響楽団ダラス交響楽団フィルハーモニア管弦楽団スイス・ロマンド管弦楽団など)。

現在はニューヨークに住んでおり、そこで教育活動や指揮活動を継続して行っている。

録音[編集]

初期はロンドン交響楽団と共にデッカ・レコードへいくつかの録音を残し、またフィルハーモニア管弦楽団とEMIにも録音を残している。以下はロンドン交響楽団との共演盤を挙げたもの。

  • ロッシーニ:歌劇『セビリアの理髪師』序曲(ロンドン交響楽団)
  • ロッシーニ:歌劇『ウィレアム・テル』序曲(ロンドン交響楽団)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集、合唱幻想曲(ジュリアス・カッチェン、ロンドン交響楽団)
  • チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ロンドン交響楽団)
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調(ルッジェーロ・リッチ、ロンドン交響楽団)

演奏家との共演[編集]

ガンバは多くの演奏家と共演しており、共演した人数は100人を超す。

レパートリー[編集]

ラモー、J.S.バッハからヘンツェ、ペンデレツキのバロック音楽から現代音楽まで幅広いレパートリーを持っている。

  1. ^ Robert H. Cowden, Concert and opera conductors, Greenwood Press, 1987, p.103.
  2. ^ [1]