ピアノ協奏曲第4番 (サン=サーンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 作品44は、カミーユ・サン=サーンスが作曲した4番目のピアノ協奏曲

概要[編集]

1875年に作曲され、同年10月31日パリでサン=サーンス自身のピアノ、エドゥアール・コロンヌの指揮でコンセール・シャトレ芸術協会(Association Artistique des Concerts du Châtelet)の最初の演奏会において初演された。音楽的な観点から見れば、5曲のピアノ協奏曲の中でも成功した部類に入り、サン=サーンスの全ての器楽作品の中でも最も優れた作品の一つとされている[誰によって?]。ピアノと管弦楽の対等な扱いの中で交響的な構築が目指されており、実際に素材の一部は1854年に書かれた交響曲のためのスケッチから転用されている。

また、ここで用いられているのが、セザール・フランクやその弟子たちが推進した循環形式である。循環形式を作曲技法として発展させたのはフランクの功績と見なされることが多いが、1855年の「ピアノ五重奏曲 イ短調」や、1859年の「交響曲第2番 イ短調」などの初期の例に見られるように、サン=サーンスの方がフランクよりも早く循環形式のアイディアを育てていた。このピアノ協奏曲においてサン=サーンスはフランツ・リストのいう「主題変容」の方法を用い、主題を循環させて全曲の音楽的統一を高めた。主題変容のテクニックと主題を循環させるアイディアが際立った成功を収めている数少ない例の一つである[要出典]

楽譜は1877年に出版された。2台ピアノ版がガブリエル・フォーレによって編曲されている。

楽器編成[編集]

独奏ピアノ、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ弦五部

構成[編集]

サン=サーンスのピアノ協奏曲の中で唯一、2楽章で構成されている。これ自体協奏曲では珍しいが、各楽章はさらに細かく分けられている。第1楽章は2部分からなり、第2楽章は3部分(または2部分)からなっている(後にヴァイオリンソナタ第1番(1885年)、交響曲第3番(1886年)が同様の形式を採用している)。演奏時間は約25分。

第1楽章
  • 第1部 アレグロ・モデラート ハ短調、4分の4拍子。
    変奏曲形式。まずオーケストラ、ついでピアノが循環主題 Iを奏する。第1部はこの素材のみから構成される。
  • 第2部 アンダンテ 変イ長調、4分の4拍子。
    ピアノの軽快なパッセージによる接続句の後、木管楽器コラール風の循環主題 IIを静かに聞かせる。しかし、この主題が支配権を確立しないうちにピアノが循環主題 IIIを出し、これが変容されて次第に第2部の後半を支配するようになっていく。
第2楽章
  • 第1部 アレグロ・ヴィヴァーチェ ハ短調、2分の4拍子。
    スケルツォに相当する。ピアノが半音階的なスケルツォ動機(第1楽章第1部に由来する)を軽快に演奏し、やがて循環主題Iがオーケストラに現れ、ピアノがそれを引き継ぐ。トリオに相当する部分は変ホ長調となり、ピアノが6/8拍子の主題を出す。スケルツォが再現され、ピアノのパッセージで静かに終わる。
  • 第2部(第3部への序奏とも考えられる) アンダンテ ハ短調、4分の4拍子。
    この部分は短く、循環主題 IIIに基づくフガートで始まるが、第3部への伏線として一度だけ循環主題 IIが姿を現す。
  • 第3部 アレグロ ハ長調、4分の3拍子。
    ソナタ形式。循環主題 IIをもとにした第一主題は行進曲風の姿になって独奏ピアノの単音で登場する。第二主題は付点リズムとヘミオラが特徴的なもので、展開部においてはこの2主題に加えて循環主題IIIが対位法的に結合される部分がある。ピアノと管弦楽が一体となって音楽は進み、堂々たる気分で華やかに全曲を締めくくる。

参考文献[編集]

  • Ratner, Sabina Teller (2002) Camille Saint-Saëns 1835-1921: The instrumental works Oxford University Press
  • ミヒャエル・シュテーゲマン、西原稔訳『サン=サーンス』音楽之友社、1999
  • アルフレッド・コルトー、安川定男・安川加寿子訳 『フランス・ピアノ音楽 (2)』音楽之友社、1996年
  • Stepehen Hough, City of Birmingham Symphony Orchestra, Sakari Oramo "Camille Saint-Saëns: The complete works for piano and orchestra" (Hyperion, CDA67331/2)のCD解説書(Phillip Borg-Wheeler, 2001) http://www.hyperion-records.co.uk/dc.asp?dc=D_CDA67331/2&vw=dcで閲覧可能。

外部リンク[編集]