ピアノ協奏曲第2番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミートリイ・ショスタコーヴィチピアノ協奏曲第2番ヘ長調作品102は、1957年に作曲されたピアノ協奏曲である。

概要[編集]

2曲あるピアノ協奏曲は、ヴァイオリン協奏曲やチェロ協奏曲とは異なり、軽くくつろいだ内容の作品である。第2番は1957年、当時モスクワ音楽院在学中だった息子のマクシム・ショスタコーヴィチのために書かれ、彼に献呈された。初演は同年5月10日、マクシムのピアノ、ニコライ・アノーソフ指揮モスクワ・フィルによって行なわれたが、作曲者自身もしばしば演奏した。

第3楽章に有名なハノン練習曲が借用されたほか、全曲の随所に既存曲のパロディを思わせる節を持つ。

構成[編集]

  • 第1楽章 アレグロ
  • 第2楽章 アンダンテ
  • 第3楽章 (アレグロ)

編成[編集]

ピアノトランペット弦楽5部で編成されたピアノ協奏曲第1番ハ短調と違い、一般的な二管編成(ただしトランペットを含まない)にピアノ独奏が加わったものである。

  • ピアノ独奏
  • 木管楽器
    • ピッコロ
    • フルート2
    • オーボエ2
    • クラリネット2
    • ファゴット2
  • 金管楽器
    • ホルン4
  • 打楽器
    • ティンパニ、小太鼓 (一人の奏者で奏される)
  • 弦楽器
    • 第1ヴァイオリン
    • 第2ヴァイオリン
    • ヴィオラ
    • チェロ
    • コントラバス

備考[編集]

ディズニー映画「ファンタジア2000」では、アンデルセン童話「すずの兵隊」のアニメーションが付けられた。