ピアノ三重奏曲第3番 (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ三重奏曲第3番ハ短調 作品101は、ヨハネス・ブラームスが3番目に作曲したピアノ三重奏曲

概要[編集]

1886年夏、避暑先であったスイストゥーン湖畔において書かれた。3年繰り返されたトゥーンへの滞在は実りの多いもので、ブラームスは他にもヴァイオリンソナタ第2番第3番チェロソナタ第2番などをここで作曲している。初演は1886年12月20日ブダペストにおいて、ブラームス、イェネー・フバイダーヴィト・ポッパーという顔ぶれで行われた。

ブラームスの創作の後期に属する作品であり、饒舌を控えた書法の中から叙情が感じられる。第1楽章の情熱的な表現や第3楽章の変則的な拍子の試みなどからは、彼の作曲意欲が衰えていないことを伺うことができる。

楽曲構成[編集]

全4楽章からなり、演奏時間は約20分。

初演を聴いていたピアニストのファニー・デイヴィス英語版は、その際のテンポの設定を書き残している。彼女によると、第1楽章のテンポは四分音符=104、第2楽章は二部音符=84-92、第3楽章は四分音符=72(中間部は付点四分音符=96)、第4楽章は付点四分音符=120(メノ・モッソは88)であった。

  • 第1楽章 Allegro energico

ハ短調、3/4拍子。ソナタ形式。力強い第一主題が序奏なしで示され、変ホ長調の付点リズムによる楽節が続く。変ホ長調の第二主題は、ヴァイオリンとチェロがユニゾンで歌う。展開部は第一主題を集中して扱い、劇的な展開を見せる。再現部の第一主題は省略され、第二主題がハ長調で再現される。コーダは第二展開部の趣を持つ。

  • 第2楽章 Presto non assai

ハ短調、2/2拍子。弦は常に弱音器を付けて奏される、ほの暗い情緒をまとったスケルツォドナルド・フランシス・トーヴィーは「怯えた子供のように急ぎ足で進む」と評している。ヘ短調のトリオは主部とのコントラストが強くなく、リズムに特徴がある。

  • 第3楽章 Andante grazioso

ハ長調。三部形式。(3+2+2)/4拍子、つまり7/4拍子を基本として民謡風の旋律が素朴に歌われる。中間部はクアジ・アニマートとやや活動的になり、イ短調で(9+6)/8拍子を基本とする。主部の再現に続いて中間部が回想され、きっぱりと終わる。

  • 第4楽章 Allegro molto

ハ短調、6/8拍子。ソナタ形式。スケルツォ風の第一主題をヴァイオリンが奏して始まる。ト短調の第二主題はメノ・モッソにテンポを落として提示される。型通りに展開部と再現部が続く。コーダでは第一主題がハ長調に転じ、華々しく終わる。

参考文献[編集]

  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー7 ブラームス』音楽之友社、2008
  • 西原稔『作曲家 人と作品 ブラームス』音楽之友社、2006

外部リンク[編集]