ピアノソナタ第14番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノソナタ第14番ハ短調K.457(ピアノソナタだい14ばんはたんちょうケッヘル457)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3楽章からなるピアノソナタである。モーツァルトが作った短調のピアノソナタは、イ短調のピアノソナタ第8番とこの作品のみである。このソナタはモーツァルトのピアノソナタの中で最も激しく劇的な展開を見せており、初期のベートーヴェンに強い影響を与えたと言われる。

作曲[編集]

1784年ウィーンで作曲された(モーツァルト自作の作品目録では、同年10月14日に完成したと書かれている)。翌1785年に幻想曲ハ短調(K.475)と共に「ピアノフォルテのための幻想曲とソナタ」作品11としてアルタリアから出版された。短調であるが故に、その後のピアノソナタの新地平を切り開いたこのモーツァルトの記念碑的な2曲のピアノソナタは、モーツァルトの楽譜の写譜をしていたフォン・トラットナー氏の夫人で、モーツァルトのピアノの弟子でもあったテレーゼ・トラットナー夫人に献呈された。

この曲と幻想曲の自筆譜は長く行方不明となっていたが1990年7月にアメリカ合衆国フィラデルフィアで発見され、同年11月21日サザビーズで競売にかけられて不明の落札者により88万ポンドで落札された。この自筆譜ではテンポ及び曲の細部が出版譜とは異なる部分がある。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 Molto Allegro (自筆譜ではAllegro) ハ短調 4/4拍子
ソナタ形式。第1主題はオクターブのユニゾンで力強く始まるが、すぐにか細い応答と神経質な半音下降とで雰囲気が打ち消される。その後変ホ長調に転じ、一見第2主題ともとれる移行部を経て、かわいらしい第2主題と小結尾が提示される。展開部は移行部の旋律がヘ短調で現れるほかは、第1主題冒頭部のみを執拗に展開する。再現部では移行部は省略され、代わりに変ニ長調の短いエピソードが挿入されている。第2主題と小結尾はハ短調で再現される。コーダでは第1主題がカノン風に扱われた後に決然と鐘のような旋律が現れ、最後は低音のうごめくような動きで終わる。
美しいアダージョで、両端楽章との鋭い対比を持つ。ロンド形式だがエピソードやコーダが長く、入り組んでいる。優しい雰囲気を持った主要主題は、再現されるたびに変奏が凝らされてゆく。第1エピソードは変ロ長調で、出だしの音の動きは主要主題と共通である。第2エピソードは変イ長調で、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番第2楽章の有名な旋律との関連性が指摘されている。コーダは第1エピソードと関連性がある。
上記の再発見された自筆譜を分析した結果、この楽章と第1・3楽章とは五線紙・インクの質が異なることが判明した。この事から、モーツァルトは当初トラットナー夫人にこの曲のみを作曲して、後にソナタへと拡大したのではないかと指摘されている[1]
  • 第3楽章 Allegro Assai (自筆譜ではMolto Allegro) ハ短調 3/4拍子
変則的なロンドソナタ形式。大まかにABACBACコーダという構成。第1主題(A)は最初物憂げに始まるが、突然劇的に盛り上がる。第2主題(B)は変ホ長調で、その後半は第1楽章の小結尾と関連性がある。ほぼ同じ形で第1主題が繰り返された後に入るエピソード(C)はヘ短調→ト短調で、非常に短い。再現部はハ短調で第2主題が先に現れる。その後に第1主題がフェルマータによる中断を伴って、非常な不安感・緊張感を持って再現される。それが爆発した後にエピソードが更に短く再現されると、そのままコーダに突入し、最後は激しい2つの和音で終わる。

幻想曲ハ短調K.475との関連性[編集]

ソナタの数ヵ月後に作曲された幻想曲ハ短調K.475は、調性的・楽想的にソナタと強い関連性を持つ。この2曲を「ピアノフォルテのための幻想曲とソナタ」として出版したことから、モーツァルトは2曲を併せて1つの作品として考えていたとする説があるが、発見された自筆譜から、ソナタと幻想曲とは五線紙・インクなどが異なることが判明した[1]

こうした経緯から、演奏会やCDではこの2曲を並べて演奏することが多く、アタッカで幻想曲からソナタへ移る場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Wolf, Eugene K. "The Rediscovered Autograph of Mozart's Fantasy and Sonata in C Minor, K. 475/457." The Journal of Musicology 10 (1992).

外部リンク[編集]