ピアッジョ PD.808

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアッジョ PD.808

Piaggio Douglas PD.808 Lucca.JPG

ピアッジョ PD.808(Piaggio PD.808)は、元々カリフォルニア州ロングビーチダグラス・エアクラフト社で設計されイタリアピアジオ・エアロ・インダストリーズ(ピアッジョ社)で生産されたビジネス機である。

概要[編集]

ピアッジョ PD.808はダグラス・エアクラフト社でビジネス機として設計されたが、1機も受注が無く事業全てがピアジオ・エアロ・インダストリーズに買い上げられた。最初の試作機は1965年に初飛行を行ったが、ピアッジョ社も民間市場での売込みには成功しなかった。僅かな数の機体がイタリア空軍により購入された。

主翼を低翼に配し胴体後部に2基のターボジェットエンジンを搭載したピアッジョ PD.808は、僅か24機しか製造されず、この中の22機はイタリア空軍へ納入された。初号機は多用途機としての仕様であったが最後の6機は電子機器のプラットフォームとして完成し、機内にはエリント用の機器と3名の操作員を搭載していた。

派生型[編集]

軍事運用[編集]

要目[編集]

2006年の航空ショー「Giornata Azzurra」での特別塗装を施したPD.808

Jane's Aircraft Recognition Guide [1]

  • 乗員:2名と作戦要員
  • 全長:12.8 m (42 ft 2 in)
  • 全幅:13.2 m (43 ft 3 in)
  • 全高:4.8 m (15 ft 9 in)
  • 空虚重量:4,830 kg (10,650 lb)
  • 最大離陸重量:8,165 kg (18,000 lb)
  • エンジン:2 × ロールス・ロイス ヴァイパー Mk526 ターボジェットエンジン
  • 最大速度:852 km/h (529 mph)
  • 航続距離:2,128 km (1,148 nmi)

出典[編集]

  1. ^ Rendall, David (1995). Jane's Aircraft Recognition Guide. Glasgow, UK: HarperCollinsPublishers. p. 505. ISBN 0-00-4709802. 

外部リンク[編集]