ビー・ザ・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビー・ザ・マン
セリーヌ・ディオンシングル
収録アルバム レッツ・トーク・アバウト・ラヴ及びイヴ
リリース 1997年11月13日
規格 8cmシングル
録音 ウォーリーワールド、レコード・プラント・スタジオザ・ヒット・ファクトリー、チャートマーカー・スタジオ、パラマウント・スタジオ、マスターフォニックス
ジャンル ポップ・ミュージック
時間 4:39
レーベル コロムビアエピック
作詞・作曲 デイヴィッド・フォスター、ジュニア・マイルズ
プロデュース デイヴィッド・フォスター
ゴールド等認定

プラチナ(日本)

セリーヌ・ディオン シングル 年表
愛を伝えて〜Tell Him
(1997年)
ビー・ザ・マン
(1997年)
ザ・リーズン
(1997年)
テンプレートを表示

ビー・ザ・マン」(: Be the Man)は、セリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』からの2枚目のシングル。1997年11月13日に日本国内のみで発売された。[1]

概要[編集]

「ビー・ザ・マン」は日本のフジテレビ系ドラマ『イヴ 〜 Santaclaus Dreaming 〜』のために書き下ろされ、1997年11月13日にリリースされたサウンドトラックアルバムに収録された。英語と日本語2つのバージョンがある。

ミュージック・ビデオは制作されていない。

ソニー・ミュージックエンタテインメントは日本における「トゥ・ラヴ・ユー・モア」の大ヒットの再燃を狙っていた。「ビー・ザ・マン」はオリコンチャートで24位に達し、プラチナに認定された。

時を同じくしてイギリスでリリースされた「ザ・リーズン」のカップリング曲としても収録された。

「ビー・ザ・マン」はアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』の北アメリカ版には収録されなかった。英語バージョンは後にディオンのベストアルバム『ザ・ベリー・ベスト』の日本版に収録され、日本語バージョンは2000年にリリースされたベストアルバム『ザ・スペシャル・ベスト』に収録され、世界中で手に入るようになった。

収録曲[編集]

日本版8cmCDマキシシングル

  1. 「ビー・ザ・マン」(アルバム・ヴァージョン) – 4:39
  2. 「ビー・ザ・マン」(ジャパニーズ・ヴァージョン) – 4:39
  3. 「ビー・ザ・マン」(カラオケ・ヴァージョン) – 4:39

チャート[編集]

チャート (1997年) 最高位
日本オリコン・シングルチャート 24

出典[編集]

  1. ^ Glatzer, Jenna (2005). Céline Dion: For Keeps. Andrews McMeel Publishing. ISBN 0-7407-5559-5.