ビーフェルド-ブラウン効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビーフェルド-ブラウン効果(ビーフェルド-ブラウンこうか、: Biefeld-Brown effect)は電極間に高い電圧をかけ、片側の電極を放電し易い尖った形状にすると、放電によりイオン化した気体の移動によって、電極に推力が発生しているように見える現象。1928年にトーマス・タウンゼント・ブラウン英語版が発見し、その論文を取り扱ったポール・アルフレッド・ビーフェルド英語版が共同で発表した。

未確認飛行物体 (UFO) の動力である等、疑似科学の領域で話題になっている現象の一つである。

日本には日本万国博覧会の時に、物を浮かせる不思議な装置として紹介された。

関連項目[編集]