ビートルズ '65

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビートルズ '65
ビートルズスタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1964年12月15日
(reissue) 2004年11月16日
録音 Abbey Road 1964
ジャンル ロック
時間 26:10
レーベル Capitol
T 2228 (mono)
ST 2228 (stereo)
CDP 7243 8 66874 2 5
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ビートルズ U.S. 年表
ビートルズ物語
(1964年)
Beatles '65
(Capitol)

(1964年)
ジ・アーリー・ビートルズ
(1965年)
テンプレートを表示

"Beatles '65" (『ビートルズ '65』) は、1964年12月にアメリカで発売されたビートルズ6作目のアルバムである。

解説[編集]

"Beatles '65" は国内リリースされておらず、このアルバムに対する『ビートルズ '65』という邦題は仮称である。『ビートルズ・フォー・セール』をリリース当初日本国内では『ビートルズ '65』と称していたので注意が必要である。本作は米キャピトル・レコードの編集アルバムである。基本的構成は『ビートルズ・フォー・セール』に準じるが、7曲目から異なる編集になる。

名前は『'65』であるが、実際は64年暮れにリリースされている。『ビルボード』誌アルバム・チャートでは、9週連続第1位を獲得し、1965年度年間ランキング2位を記録している。『キャッシュボックス』誌では、8週連続第1位を獲得し、1965年度年間ランキング第8位を記録している。アメリカだけで300万枚以上のセールスを記録している。

アルバム・タイトル、ジャケットなどが英国オリジナル盤と同様のキャピトル編集盤 "Rubber Soul (Capitol)"、キャピトル編集盤 "Revolver (Capitol)" の2種類を除けば、国内でリリースされなかった唯一のキャピトル編集盤であったが、2004年のCD化に際してCDアルバムボックスセット『ザ・ビートルズ '64 BOX』(『THE CAPITOL ALBUMS VOL. 1』)に収録され40年ぶりに日本で陽の目を見ることとなった。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. ノー・リプライ - No Reply (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'18")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンポール・マッカートニー
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  2. アイム・ア・ルーザー - I'm A Loser (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'33")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  3. ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's In Black (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'09")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock And Roll Music (Berry)
    演奏時間:(2'34")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    チャック・ベリーのカヴァー曲。
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  5. アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow The Sun (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'51")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。 
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  6. ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight (Johnson)
    演奏時間:(2'43")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    ドクター・フィールグッド&ディ・インターンズのカヴァー曲。
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。

アナログB面[編集]

  1. ハニー・ドント - Honey Don't (Perkins)
    演奏時間:(3'00")、リード・ヴォーカル:リンゴ・スター
    カール・パーキンスのカヴァー曲。
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。 
  2. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'25")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アルバム『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。 
  3. シーズ・ア・ウーマン - She's A Woman (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'02")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    シングル曲の収録。
    ステレオ盤はモノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したものを収録。ステレオ盤・モノラル盤とも全体に強くエコーがかけられている。 
  4. アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'24")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    シングル曲の収録。
    ステレオ盤はモノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したものを収録。ステレオ盤・モノラル盤とも全体に強くエコーがかけられている。
  5. みんないい娘 - Everybody's Trying To Be My Baby (Perkins)
    演奏時間:(2'23")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
    カール・パーキンスのカヴァー曲。
    アルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの収録。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]