ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『ハード・デイズ・ナイト』A Hard Day's Night 旧邦題『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』)は、イギリス1964年7月10日に発売されたビートルズの3作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムである。彼らにとっては初主演作となる映画『ア・ハード・デイズ・ナイト(旧邦題は同じく『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! 』)のサントラ盤でもある。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、307位にランクイン[1]

英国EMIパーロフォン・オリジナル盤[編集]

ハード・デイズ・ナイト
ビートルズスタジオ・アルバム
リリース イギリスの旗 イギリス1964年7月10日
日本の旗 日本1964年9月5日
録音 Abbey Road, Pathé Marconi 1964年
ジャンル ロック
時間 3059 (monaural CD)
30分11秒 (stereo CD)
レーベル パーロフォン
PMC 1230 (monaural LP)
PCS 3058 (stereo LP)
CDP 7 46437 2 (monaural CD)
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ビートルズ U.K. 年表
The Beatles' First
(1964年)
ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
(1964年)
ビートルズ・
フォー・セール
(ビートルズ '65)

(1964年)
ビートルズ 日本 年表
ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム
(1964年)
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
(1964年)
ビートルズ・
フォー・セール
(ビートルズ '65)

(1965年)
テンプレートを表示

解説[編集]

A面は初主演映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』の収録曲7曲、B面には新しくレコーディングされたナンバー6曲が収録されている。ビートルズのオリジナルアルバムとしては唯一の「全曲レノン=マッカートニーによるオリジナル曲で構成されたアルバム」である。そのため楽曲ごとの作詞作曲者の表記はなく、AB面それぞれの収録曲末尾に「WORDS AND MUSIC BY JOHN LENNON AND PAUL McCARTNEY」とクレジットされている。

"A Hard Day's Night" というタイトルは、リンゴ・スターが長い映画の撮影を終えて、"It was a hard day"と言ったところで夜だったことに気づいて、"…'s night"と付け加えたのをジョン・レノンポール・マッカートニーが聞いていたので、その言葉がそのまま採用された。

発売当時からアナログLP時代を通じて、ステレオ盤とモノラル盤の両方がリリースされていたが、1987年の初CD化の際には一旦モノラル盤のみに統一された。2009年9月9日のリマスター再発の際にステレオ盤もCD化され、現在ではステレオモノラル両方とも公式に流通している。

邦題の改称[編集]

『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』という邦題は、映画評論家の水野晴郎が、ユナイト映画社員時代に名付けたもの(詳細についてはビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (映画)#タイトルの由来を参照)。ただ、あまりにもオリジナル・タイトル(忙しい日の夜)とはかけ離れた邦題であったためか定着したとは言い難く、近年のレコード雑誌などでも原題で紹介されることも多かったが、2000年の映画再上映の際には、日本でも正式に『ハード・デイズ・ナイト』の名で公開され、続いて日本盤アルバム、同タイトル曲の正式邦題も『ハード・デイズ・ナイト』に改められた。ただしこの邦題には原題最初の"A"が削除されている。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. ハード・デイズ・ナイト(旧邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!) - A Hard Day's Night (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'35" - monaural version)(2'34" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(主部)とポール・マッカートニー(中間部)
    ステレオ・ヴァージョンはモノラル・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが遅い。
  2. 恋する二人(アイ・シュッド・ハヴ・ノウン・ベター) - I Should Have Known Better (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'46" - monaural version)(2'42" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    モノラル・ヴァージョンとステレオ・ヴァージョンとではイントロのハーモニカの旋律が異なる。
  3. 恋におちたら(イフ・アイ・フェル) - If I Fell (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'24" - monaural version)(2'19" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(導入部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス
    ステレオ・ヴァージョンは導入部がダブル・ヴォーカルである。
  4. すてきなダンス(アイム・ハピー・ジャスト・ダンス・ウィズ・ユー) - I'm Happy Just to Dance with You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'00" - monaural version)(1'56" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  5. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'33" - monaural version)(2'29" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'12" - monaural version)(2'08" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンのソロとジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンのコーラス
  7. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'17" - monaural version)(2'11" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    ステレオ・ヴァージョンはエレキ・ギターの音量が大きい。

アナログB面[編集]

  1. エニー・タイム・アット・オール - Any Time at All (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'15" - monaural version)(2'11" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、一部ポール・マッカートニー
  2. ぼくが泣く(アイル・クライ・インステッド) - I'll Cry Instead (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'49" - monaural version)(1'45" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  3. 今日の誓い(シングズ・ウイ・セッド・トゥデイ) - Things We Said Today (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'40" - monaural version)(2'35" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  4. 家に帰れば(ホエン・アイ・ゲット・ホーム) - When I Get Home (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'20" - monaural version)(2'16" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. ユー・キャント・ドゥ・ザット - You Can't Do That (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'38" - monaural version)(2'34" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  6. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'22" - monaural version)(2'24" - stereo version)、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンのコーラス(主部)とジョン・レノン(中間部)

米ユナイテッド・アーティスツ・レコード編集盤[編集]

A Hard Day's Night (United Artists)
ビートルズサウンド・トラック
リリース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1964年6月26日
録音 アビー・ロードスタジオ 1964年
ジャンル ロック
時間 29 21
レーベル ユナイテッド・アーティスツ
UAL 3366 (mono)
UAS 6366 (stereo)
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
ビートルズU.S. 年表
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
(1964年)
A Hard Day's Night
(United Artists)
(1964年)
サムシング・ニュー
(1964年)
テンプレートを表示

解説[編集]

アメリカのユナイテッド・アーティスツ編集による "A Hard Day's Night" は、1964年6月にアメリカでリリースされた(アメリカにおける同グループ4作目)。のちにキャピトル・レコードからも再発売された。アメリカ編集盤 "A Hard Day's Night" は2014年1月21日にリリースされたボックス・セット・アルバム"THE BEATLES ★ THE U. S. ALBUMS ★"に収録されCD化され、同時に分売でもリリースされた。

ビートルズのオリジナル・ナンバー以外はジョージ・マーティンのスコアによるオーケストラ演奏である。ビルボード誌アルバム・チャートでは14週連続第1位を獲得。同1964年度年間ランキングでは37位、続く1965年度年間ランキングでも36位を記録している。キャッシュボックス誌でも14週連続第1位を獲得しており、こちらも1964年度年間ランキング32位、1965年度年間ランキング39位と両誌で年をまたいで年間ランク入りを果たしている。アメリカだけで400万枚以上のセールスを記録した。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'28")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
  2. テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'04")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
  3. ぼくが泣く - I'll Cry Instead (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'06")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
    英国オリジナル・ヴァージョンより繰り返しが多い。
  4. 恋する二人 - I Should Have Known Better (Instrumental) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'16")、George Martin Orchestra
  5. すてきなダンス - I'm Happy Just to Dance with You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'59")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
  6. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her (Instrumental) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'42")、George Martin Orchestra

アナログB面[編集]

  1. 恋する二人 - I Should Have Known Better (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'42")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
    イントロのハーモニカの旋律は英国モノラル・ヴァージョンと同じ。
  2. 恋におちたら - If I Fell (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'16")
    導入部は英国モノラル・ヴァージョンと同じくシングル・ヴォーカルである。
  3. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'27")
    英国モノラル・ヴァージョンと異なり主部はシングル・ヴォーカルである。
  4. ジス・ボーイ - Ringo's Theme (This Boy) (Instrumental) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'06")、George Martin Orchestra
  5. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'15")
    ステレオ盤は疑似ステレオ・ヴァージョンを収録。
  6. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night (Instrumental) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'00")、George Martin Orchestra

関連文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]