ビン江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「閩江」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
閩江
Ming-geng.JPG
福州市馬尾付近の
延長 577 km
水源の標高 -- m
平均流量 1980 /s
(--)
流域面積 60922 km²
流域 中国
テンプレートを表示
閩江
各種表記
繁体字 閩江
簡体字 闽江
拼音 Mǐnjiāng
発音: ミンチャン
英文 Min River
テンプレートを表示

(びんこう、ミンチャン)は、中華人民共和国の河川。福建省最大の河川で、38の県を流れており、全長は2500km(支流と577kmの本流を含む)流域面積は60922 km²で、全省面積の半分を占める。輸送砂泥量は年平均751万tである。

地理[編集]

閩江の上流には、水源を連城付近に発し北東に流れている沙渓、杉嶺から発して南東に流れる富屯渓武夷山仙霞嶺に発して南西に流れる建渓という3本の河川がある。この3本の流路となる岸辺には、永安・劭武・建欧などの都市がある。

この3つの流路は南平ホイ(ホイは匯からさんずいを外に出し、にんべんを足した字)で江となる。沙渓と建渓とはほとんど一直線で、同じように1本の断層線の谷を流れる。富屯渓と江の本流もほとんど一直線であるが、流向は断層の山と向かい合っている。これらの河川は十字型をなしており、南平市がこの中心にあたる。

江の流路はいずれも標高1000mの山麓から流れてくるが、南平に至ると50m以下に低下する。南平から上流は急流で浅瀬が多く(特に富屯渓)、小型船でも舟運はきわめて困難なため、「一つの難所の高さは1丈(10尺)もあり、劭武は天上にある」との諺があるほどである。一方、下流では流勢が緩やかになるが、河床には小石が多い。水口に至ると江は古田渓を迎え入れ、難所がほとんど無くなって小型船がいつでも通れるようになる。さらに福州の外港の馬尾になると、大型船舶が航行できる。

支流[編集]

古田渓は、水源を屏南県南部の山地に発し、古田県清県の両県を流れ、古田県水口鎮で江に流入する。全長は約90km、流域面積は1790 km²。降水量は十分で、流れは急である。

古田県県境の高山・峡谷地帯では、渓流の落差が300mに達し、発電所の建設に好適である。そのため、1951年に古田渓で第一発電所建設工事が開始された。続いて第二、第三、第四の発電所工事も現在は全て完了しており、12基のタービン発電機が強力な電力を送っている。

備考[編集]

昔から沿岸の住民は「龍」(ロン)と呼んでいた。これは水運と灌漑の便があり、風景が奇に富み美しいからである。

参考文献[編集]