ビル・ヴァーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ヴァーニー
Bill Varney
本名 Harold William Varney
生年月日 1934年1月22日
没年月日 2011年4月2日(満77歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ビバリー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州フェアホープ英語版
職業 サウンドミキサー
活動期間 1972年 - 2011年

ハロルド・ウィリアム・"ビル"・ヴァーニーHarold William "Bill" Varney, 1934年1月22日 - 2011年4月2日)は、アメリカ合衆国サウンドミキサーである。『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980年)[1]と『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)によりアカデミー録音賞を2度受賞した[2][3]。アカデミー録音賞には他に『デューン/砂の惑星』(1984年)[4]と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)でもノミネートされた[3]

生涯[編集]

マサチューセッツ州ビバリーで生まれる[3]

ヴァーニーの最古の参加作品のひとつは1950年代の歌手のジョーン・バエズに焦点を当てた映画であった[3]。バエズの父親はマサチューセッツ工科大学の物理学の教授であった[3]。ヴァーニーは1961年に南カリフォルニアに移り、ブリタニカ百科事典に関する教育映画を製作した[3]

1972年に映画及びテレビの音響ミキシングの仕事を始め[3]、そこから25年じゃらで85作品に参加した[3]。1985年にユニバーサル・ピクチャーズに入るまでの14年間はサミュエル・ゴールドウィン・カンパニー英語版で働いた[3]

アカデミー録音賞は『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980年)と『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)で獲得した[3]。彼は他に『デューン/砂の惑星』(1984年)と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)でもノミネートされた[3][5]。さらにテレビミニシリーズ『ルーツ』(1977年)でエミー賞にノミネートされた[3]

他に参加した著名作品には『ラスト・ワルツ』(1978年)、『グリース』(1978年)、『普通の人々』(1980年)、『ポルターガイスト』(1982年)、『ドラゴンハート』(1996年)などがある[3]

1998年までにはニバーサル・ピクチャーズのサウンド・オペレーションの副社長に昇進していた[3]。同年、1958年のオーソン・ウェルズの映画『黒い罠』の音響再編集に協力した[3]

2001年にユニバーサルを退職し、2003年にアラバマ州フェアホープ英語版に移った[3]

2011年4月2日にフェアホープで心不全により77歳で亡くなった[6]

参考文献[編集]

  1. ^ The 53rd Academy Awards (1981) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年10月7日閲覧。
  2. ^ The 54th Academy Awards (1982) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年10月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Nelson, Valerie J. (2011年4月7日). “Bill Varney dies at 77; Oscar-winning sound mixer”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2011/apr/07/local/la-me-bill-varney-20110407 2011年4月10日閲覧。 
  4. ^ The 57th Academy Awards (1985) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年10月13日閲覧。
  5. ^ The 58th Academy Awards (1986) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年10月16日閲覧。
  6. ^ Harold William (Bill) Varney”. Press-Register. 2011年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]