ビル・バベシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビル・バベシWilliam J. Bavasi,1957年12月27日 - )はアメリカ合衆国MLBシアトル・マリナーズの元ゼネラルマネージャーで、現シンシナティ・レッズGM特別補佐。ニューヨーク州スカースデール出身。

2007年

経歴[編集]

ニューヨーク州に生まれ、サンディエゴ大学を卒業した後、当時のカリフォルニア・エンゼルスのフロントオフィスで働き始め、1994年から99年まではGMを務めた。その後ロサンゼルス・ドジャースの開発部長(development chief)に転じた。

2003年11月7日、過去4年間の成績が393勝255敗、勝率.606という球団創設以来最高の勝率を誇りながら、2年連続で終盤の失速からプレーオフ進出を逃していたマリナーズのGMに就任。しかし就任初年度の2004年は63勝99敗、勝率.389と球団ワースト4位の低成績に終わる。2004年オフに総額1億1500万ドルをかけてリッチー・セクソンエイドリアン・ベルトレを補強するも、どちらも期待に応えず2年連続地区最下位に低迷させる。その後もカール・エバレットジェフ・ウィーバーなど結果を伴わない補強を繰り返しチームを低迷させ、更に獲得を見送った選手や他球団に放出した選手が活躍を見せるケースも多く見られた結果、2007年3月フォーブス誌のGMランキングでメジャー最低GMに選ばれている[1]2008年6月16日、成績低迷を理由にシアトルマリナーズのGMを解任された。後任にはジャック・ズレンシックが就任。8月8日、シンシナティ・レッズのGM特別補佐に就任した。

補強の成功例[編集]

  • 2006年12月4日、ワシントン・ナショナルズからFAとなったホセ・ギーエンと1年契約を結び、2007年は99打点を残すなど活躍。しかし、バベシは再契約に動かずロイヤルズに移籍。バベシの解任会見では「もしギーエンが居たら…」という言葉も出た。

補強の失敗例[編集]

  • 2004年12月17日、ロサンゼルス・ドジャースで打率.334、121打点、48HRと大活躍をしてFAとなっていたエイドリアン・ベルトレと5年総額総額6,400万ドルの大型契約を結ぶ。守備面ではゴールドグラブを獲得するなど期待通りの働きをしたが、打撃面では5年間で3割30本100打点のいずれもクリアできず、高額年俸に見合う活躍ができなかった。ベルトレは退団後レッドソックスやレンジャーズで復活しており、右打者不利と言われる本拠地セーフコ・フィールドの特性とマッチしなかった可能性もある。
  • 2005年1月26日、キューバから亡命したユニエスキー・ベタンコートと契約。ゴールドグラブ級と前評判があった守備にも粗さが残り、打撃は伸び悩んだ。低出塁率の傾向が改善されず、バベシ解任後の2009年にロイヤルズに放出された。
  • 2006年7月27日に、やはりインディアンズに秋信守を放出しベン・ブルサードを獲得。ブルザードは目立った活躍ができないままレンジャーズに放出され、2008年限りで引退してミュージシャンに転向した。一方の秋はインディアンズの正外野手として定着した。
  • 2006年12月7日、アトランタ・ブレーブスラファエル・ソリアーノを放出しホレイシオ・ラミレスを獲得。バベシの行った最も不可解なトレードの一つとされる。先発投手の補強が課題だったとはいえ、クローザー候補とも目されていたソリアーノと、怪我がちで、ごく平均的な先発投手に過ぎなかったラミレスでは到底吊り合わないという声が多かった。結局、ラミレスは20試合に先発して防御率7.16と散々な成績で、1年でロイヤルズへ放出された。一方のソリアーノは71試合に登板し、シーズン後半にはクローザーに昇格。その後も幾つかの球団を渡り歩きながら、安定したセットアッパー・抑えとして活躍している。
  • 2006年12月14日、ダイヤモンドバックスからFAとなったミゲル・バティスタと3年契約を結ぶ。1年目は16勝を挙げるが、2年目は不振で中継ぎに降格。
  • 2007年1月5日、ブレーブスからFAとなったクリス・リーツマと契約。移籍1年目は故障でシーズンの半分を離脱。2008年の春に失踪し、無断でカナダに帰国してしまった。
  • 2007年12月20日、黒田博樹の獲得に失敗し、黒田に提示した金額と同じ4年4,400万ドルでミネソタ・ツインズからFAとなったカルロス・シルバを獲得するが、前半戦で10敗し、チーム(主に野手)を非難、球団から事実上の出場停止処分を受けるなどした。翌年はわずか8試合(6先発)の登板にとどまり、カブスに放出された。黒田はドジャーズ入りし、先発の一角として安定した投球を見せた。
  • 2008年2月8日、アダム・ジョーンズジョージ・シェリルクリス・ティルマンら5選手を放出し、ボルティモア・オリオールズからエリック・ベダードを獲得。ベダードは前年メジャーでトップの奪三振率(10.93)を記録していた。先発の駒不足が取り沙汰される中、エース格の投手を獲得したことで、トレード成立時は「バベシの今までの失敗を帳消しにする大仕事」と評価されるなど概ね好評だった。しかしベダードは3度も故障者リストに入るなど散々で、結果的にバベシGM解雇の引き金となった。一方、シェリル、ジョーンズ、ティルマンはオリオールズでいずれもオールスターに選出されるまでに成長した。
  • 2008年4月26日、捕手の城島健司と、翌年からの3年2400万ドルの延長契約を結ぶ。城島は当時3年目で、2007年にリーグトップの盗塁阻止率を残すなど、当初の2年は一定の活躍を見せた。しかし、その頃深刻な打撃不振に陥っていたことや、複数の投手が城島より控え捕手のジェイミー・バークとのバッテリーを希望していることが報じられていたため、シーズン途中での大型契約には疑問の声も上がった(ただし、この契約延長にはバベシよりオーナーのハワード・リンカーンの意向が大きかったとされる)[2]。同シーズンは打撃が上向かずレギュラー剥奪。翌年には主力投手が城島とのバッテリーを拒否するなどして、出場機会が激減した。結局城島は2009年を最後に契約を破棄して帰国した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イチロー去就問題を抱えるマ軍バベシGMは、メジャー最低のGM、livedoor スポーツ、2007年3月7日
  2. ^ Florida Marlins at Mariners: 06/16 game thread、シアトル・タイムズ、2008年6月16日

関連記事[編集]

バベシ時代の終焉 <丹羽政善>(MAJOR.JP) - バベシの就任から辞任するまでの功績がまとめられている。