ビル・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ネルソン
Bill Nelson.jpg
出身校 イェール大学,
バージニア大学,
フロリダ大学
所属政党 民主党
配偶者 グレース・ケヴァート・ネルソン

アメリカ合衆国上院議員
任期 2001年1月3日 - 現職

フロリダ州財務・保険長官
消防管理官

アメリカ合衆国下院議員
フロリダ州第11区選出
任期 1983年1月3日 - 1991年1月3日

アメリカ合衆国下院議員
フロリダ州第9区選出
任期 1979年1月3日 - 1983年1月3日

フロリダ州下院議員
任期 1972年 - 1979年
テンプレートを表示
クラレンス・ウィリアム「ビル」ネルソン
NASA所属 ペイロードスペシャリスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生 1942年9月29日
フロリダ州マイアミ
現職業 上院議員
過去の職業 下院議員
宇宙滞在期間 6d 02h 03m
選抜試験 1985
ミッション STS-61-C
記章 STS-61-c-patch.png

クラレンス・ウィリアム「ビル」ネルソン (Clarence William "Bill" Nelson, 1942年9月29日 - ) は、アメリカ合衆国政治家フロリダ州選出上院議員民主党所属。1986年に彼はスペースシャトルコロンビアペイロードスペシャリストとして乗り組み、宇宙飛行を行った二人目の現職議員となった。

生い立ちおよび初期の経歴[編集]

ネルソンはマイアミで、クラレンス・ネルソンおよびナニー・メール・ネルソン夫妻の一人息子として生まれる[1]。幼少期をフロリダ州メルボルンで過ごし、メルボルン高校に入学した[2]。高校ではキー・クラブの会長を務めた[1]。高校卒業後フロリダ大学に進学し、その後イェール大学に転籍、1965年に学位を取得した。1968年にはバージニア大学で法学位を取得した[3]

在学中にネルソンは予備役将校訓練課程に登録される。1965年、陸軍予備役部隊に入隊する。1968年から70年まで現役勤務し、大尉に昇進した[3]。ネルソンは1971年まで陸軍に留まった[2]

ネルソンは1968年に法曹界入りし、1970年にメルボルンで弁護士を開業した。1971年にはルービン・アスキュー知事の法律アシスタントを務めた[4]

1972年にネルソンはグレース・カヴァートと結婚した。夫妻は二人の子供、ビル・ネルソン・ジュニア、ナン・エレン・ネルソンをもうけた[2]。一家はオーランド近郊のボールドウィン・パークに居住する[5]

参照[編集]

  1. ^ a b "Senator Bill Nelson". Florida 4-H Hall of Fame. Retrieved 2009-12-15.
  2. ^ a b c "Biography". U.S. Senator Bill Nelson - Florida (official U.S. Senate website). Retrieved 2009-12-16.
  3. ^ a b "Bill Nelson (D-Fla.)". WhoRunsGov.com. Retrieved 2009-12-15.
  4. ^ "Bill Nelson". Washington Post:U.S. Congress Votes Database. Retrieved 2009-12-16.
  5. ^ "Florida's senior senator praises Martinez, stays quiet about possible candidates in 2010". U.S. Senator Bill Nelson - Florida (official U.S. Senate website). Retrieved 2009-12-16.

外部リンク[編集]

議会
先代:
ルイス・フレイ (R)
フロリダ州選出下院議員
フロリダ州第9選挙区

1979年1月3日 - 1983年1月3日
次代:
マイケル・ビリラキス (R)
先代:
ダニエル・A・ミカ (D)
フロリダ州選出下院議員
フロリダ州第11選挙区

1983年1月3日 - 1991年1月3日
次代:
ジム・マッカス (D)
議会
先代:
コニー・マック3世 (R)
フロリダ州選出上院議員(第1部)
2001年1月3日-
同職:ボブ・グラハム, メル・マルチネス, ジョージ・レミュー, マルコ・ルビオ
次代:
-
公職
先代:
サム・ブラウンバック
R-カンザス州
上院科学宇宙小委員会委員長
2007年1月4日 - 現在
次代:
-
党職
先代:
ヒュー・ロダム
フロリダ州選出上院議員(第1部)
民主党候補

2000, 2006
次代:
-
儀礼席次
先代:
エヴァン・バイ
D-インディアナ州
アメリカ合衆国の儀礼順位
53番
次代:
トーマス・R・カーパー
D-デラウェア州