ビル・ジャスティス (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・エヴァレット・"ビル"・ジャスティス・ジュニア(William Everett "Bill" Justis Jr.、1926年10月14日1982年7月15日[1])は、アメリカ合衆国の先駆的なロックンロールミュージシャン作曲家編曲者で、特に、グラミーの殿堂入り (Grammy Hall of Fame Award) を果たした1957年の楽曲「ローンチー (Raunchy)」で知られている[2]

生涯[編集]

ジャスティスは、アラバマ州バーミングハムに生まれ、テネシー州メンフィスで育ち、地元の Christian Brothers College (high school department) で音楽を学び、ルイジアナ州ニューオリンズテュレーン大学 (Tulane University) に進んだ。トランペットサクソフォーンを演奏したジャスティスは、大学時代に地域のジャズ・バンドやダンス・バンドで演奏をしていた。1954年にメンフィスに帰郷し、やがてサム・フィリップスサン・レコードに見出され、自分の曲の吹き込みを行なうとともに、ジェリー・リー・ルイスロイ・オービソンジョニー・キャッシュチャーリー・リッチ (Charlie Rich) などレーベルの所属アーティストたちのために編曲をするようになった。1957年11月にリリースされた彼の曲「ローンチー」は、ロックンロールインストゥルメンタル曲としては初めてのヒット作となり、ジャスティス自身のバージョンが『ビルボード』誌のポップ・チャートで最高2位に達したほか、インペリアル・レコードから出たアーニー・フリーマンのバージョンや、ドット・レコード (Dot Records) から出たビリー・ヴォーンのバージョンもチャート入りした。この曲は全英シングルチャートでも最高11位まで上昇した[1]。この曲は100万枚以上を売り上げて、ゴールドディスクと認定された[3]。ジャスティスにはもう1作、全米チャートで42位まで浮上した「College Man」というヒット曲があった。

1961年ナッシュビルへ移り住んだジャスティスは、モニュエント・レコード (Monument Records) やマーキュリー・レコードなどのレーベルに所属していたポップカントリー・ミュージックの両分野のミュージシャンたちのために、音楽プロデューサー、編曲者として働き、成功を収めた。1964年エルヴィス・プレスリーの映画『キッスン・カズン (Kissin' Cousins)』のサウンドトラックでは、サクソフォーンを演奏しており、同年には、ボーカル・グループであるロニー&ザ・デイトナス (Ronny & the Daytonas) のマネジメントを引き受けた。

1963年には、「タムレ (Tamoure)」がオーストラリアでチャートの首位となった[4]。この曲は、Billboard Hot 100 には入らなかった。1960年代はじめには、スマッシュ・レコード (Smash Records) から出した一連のインストゥルメンタル・アルバム(『Alley Cat/Green Onions』、『Telstar/The Lonely Bull』など)によって成功を収めた。レイ・スティーヴンス (Ray Stevens) を取り上げたTNNの特別番組『The Life and Times of Ray Stevens』では、1969年のスティーヴンスの百万枚を超える大ヒット曲「Gitarzan」について、この「gitarzan」というかばん語のフレーズをスティーヴンスに教えたのはジャスティスであったことが述べられた。

ジャスティスは、『トランザム7000 (Smokey and the Bandit)』や『グレートスタントマン (Hooper)』など、ハリウッド映画の音楽も書いた。

ジャスティスは、1982年に癌のためナッシュビルにおいて、55歳で死去し、メンフィスのメモリアル・パーク墓地 (Memorial Park Cemetery) に葬られた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 294. ISBN 1-904994-10-5. 
  2. ^ Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 47. CN 5585. 
  3. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. pp. 92–93. ISBN 0-214-20512-6. 
  4. ^ australian-charts.com - BILL JUSTIS - TAMOURE (SONG)”. Hung Medien. 2014年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]