ビル・エモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bill Emmott

ビル・エモット(Bill Emmott、1956年8月6日 - )はイギリスジャーナリスト

略歴[編集]

ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒。1980年エコノミストに入社。ベルギーブリュッセル、ロンドンで記者を務めた後、1983年から3年間東京支局長(日本韓国担当)。1993年に同誌編集長。2006年3月まで13年間務めた後は編集者を引退し、国際ジャーナリストとして活動中。

1990年の著書『日はまた沈む』は、日本のバブル崩壊を予測し、ベストセラーとなった。また2006年の『日はまた昇る』では、日本経済の復活を予測した。

木村正人・産経新聞ロンドン支局長に対し「愛国主義の新聞なら母国に誇りを持て」と述べている。

著書[編集]

  • 「日はまた沈む ジャパン・パワーの限界」(鈴木主税/訳、草思社、1990年3月)
  • 「来るべき黄金時代 日本復活への条件」(鈴木主税/訳、草思社、1992年9月)
  • 「官僚の大罪」(鈴木主税/訳 草思社、1996年6月)
  • 「20世紀の教訓から21世紀が見えてくる」(鈴木主税/訳、草思社、2003年7月)
  • 「日はまた昇る 日本のこれからの15年」(吉田利子/訳、草思社、2006年2月)
  • 「これから10年、新黄金時代の日本」(烏賀陽正弘/訳、PHP研究所、2006年10月)
  • 「日本の選択」(ピーター・タスカとの共著、講談社インターナショナル、2007年3月)

外部リンク[編集]