ビルマホシガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビルマホシガメ
ビルマホシガメ
ビルマホシガメ Geochelone platynota
保全状況評価[a 1][a 2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 CR.svgワシントン条約附属書I類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinoidea
: リクガメ科 Testudinidae
亜科 : リクガメ亜科 Testudininae
: リクガメ属 Geochelone
: ビルマホシガメ G. platynota
学名
Geochelone platynota (Blyth, 1863)
シノニム

Testudo platynota Blyth, 1863

和名
ビルマホシガメ
英名
Burmese starred tortoise

ビルマホシガメGeochelone platynota)は、爬虫綱カメ目リクガメ科リクガメ属に分類されるカメ。

分布[編集]

ミャンマー中部、西部[1][2][3]固有種。南部にも分布していたが絶滅したと考えられている[3]

ビルマはミャンマーの旧名で、英名(Burmese)と同義[3]

形態[編集]

最大甲長26センチメートルとされるが[1]、さらに大型化する[3]。オスよりもメスの方が大型になる[3]背甲はドーム状に盛り上がり、上から見るとやや細長い[3]。背甲の頂部は平坦で、種小名platynota(「平たい背中」の意)の由来になっている[3]。野生下では孵化直後からある甲板(初生甲板)が盛り上がらない(飼育下では盛り上がる個体もいる)[3]。背甲の色彩は黒や暗褐色で、椎甲板肋甲板ごとに放射状に灰褐色や黄褐色の斑紋が入る[1][3]。この放射状の斑紋が星の様に見えることが、和名や英名(star=星)の由来になっている[1][3]。椎甲板や肋甲板に入る放射状の斑紋の数は6本以下(一部で7本になる個体もいる)[3]縁甲板にはアルファベットの「V」字状に灰褐色や黄褐色の筋模様が2本入る[3]腹甲の色彩は淡黄褐色や灰褐色で、甲板ごとに大型な楔形に黒や暗褐色の斑紋が入る[3]

頭部は中型[3]。上顎の先端は三又に分かれる(一尖の個体や尖らない個体もいる)[3]。四肢はやや頑健で、前肢には先端が尖った大型鱗が5-7列で並ぶ[3]。後肢と尾の間には円錐形の小型鱗が並ぶ[3]。頭部や頸部、四肢、尾の色彩は黄色や黄褐色で、不規則に細かい黒色斑が入る[3]。顎を覆う角質(嘴)や鼓膜、喉の色彩は褐色や灰褐色[3]。成体は眼の周囲や頬、頸部背面が黒ずむ傾向がある[3]

長径5.5センチメートル、短径4センチメートルの楕円形の卵を産んだ例がある[3]。幼体は縁甲板外縁がやや鋸状に尖るが、成長に伴い不明瞭になる[3]。背甲に入る放射状の斑紋の数は成長に伴い増加する[3]

分類[編集]

標本数が少なかった時期に本種をインドホシガメの亜種とする説もあったが[1]、亜種とする根拠がなく標本の数が増えたことで両種の差異が比較されるようになったため有力ではない[3]

生態[編集]

主に熱帯モンスーン気候の地域にある森林やその周辺に生息する[3]

食性は植物食と考えられ、キノコなどを食べる[2][3]

繁殖形態は卵生。2月に少数の卵を産んだ例がある[3]。6-7月に孵化した幼体が地表に現れる[2][3]。生息地の飼育下では10-12月に1回に5-8個の卵を産んだ例があり、年に2回産卵する個体もいる[2][3]

人間との関係[編集]

都市や農地開発、焼畑、放牧による生息地の破壊、食用やペット用の乱獲などにより生息数は激減している[1][3]。記載時には普通種で食用とした後の残骸の甲羅が街中にあり、器として用いられることもあった[3]。1948年にミャンマーが独立した後は、1990年代まで軍事政権により欧米による生物調査が制限されたため知見は限られていた[3]。ミャンマーでは法的に保護の対象とされ、採集や輸出が禁止されている[1][2][3]。一方で1995-1996年頃から日本に輸入されており、生息地で養殖されたという個体が流通することもある[3]。密輸されることもあり、日本やミャンマーで摘発された例もある[2][3]。ミャンマーでは保護施設で飼育下繁殖させたり摘発された個体を野生に返す試みも進められているが、国立公園内での密猟や保護施設に集めた個体あるいは飼育下繁殖させた個体が盗難された例もある[2][3]。2013年にワシントン条約附属書Iに掲載された[a 1]

ペットとして飼育されることもある。上記のように日本には1995年(マレーシアから正規輸出されたとする個体が38頭)-1996年から輸入されるようになり、2003年以降はミャンマーから正規輸出されたとする個体(野生個体2005年130頭、飼育下繁殖個体2003年20頭、2004年30頭、2005年252頭、2006年210頭、2007年205頭、2008年300頭)が日本へ輸入された[3]。一方で2004年以降は本種が分布しないカザフスタン、キルギス、タイ、ヨルダン、レバノンなどで飼育下繁殖されたとする個体も日本に輸入されている[3]。。飼育下では野菜、果実、リクガメ用の配合飼料などにも餌付く[3]

飼育[編集]

テラリウムで飼育される。乾燥と低温に弱いためある程度の湿度を保った上でやや高温を維持し、小型の保温用の電球等をケージ内の一部へ照射し局所的に高温の部分を作る。紫外線を含むフルスペクトルライト等を点灯するが、強い光を嫌う個体もいるためコルクバーグや市販されているシェルターなどで隠れ家を作る。水容器は水に浸かる事を好むため、浅くて出入りがしやすく大型の物を設置する。飼育下では野菜、果実、リクガメ用の配合飼料などにも餌付く[4]。餌に対してはカルシウム剤等のサプリメントを振りかけて、栄養価を上げる。野生下では動物質も摂取するが、飼育下で動物質(高タンパク質)の餌を与え過ぎると背甲が甲板ごとに盛り上がってしまうことがある。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、115、205-206頁。
  2. ^ a b c d e f g 加藤英明 「ミャンマーの自然と動物 ~ビルマホシガメの棲む森~」『ビバリウムガイド』No.30、マリン企画、2005年、96-99頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 安川雄一郎 「旧リクガメ属の分類と自然史1」『クリーパー』第59号、クリーパー社、2011年、59-64頁。
  4. ^ 安川雄一郎 「ペットとしてのリクガメの飼育と分類」『エクストラ・クリーパー』No.3、誠文堂新光社、2008年、10-11、53-54、70頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Asian Turtle Trade Working Group 2000. Geochelone platynota. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.2.