ビリングス・ローガン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリングス・ローガン国際空港
IATA:BIL-ICAO:KBIL
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設置場所 モンタナ州ビリングス
空港種別 公営
運営者 ビリングス市
標高 1,113 m・3,652 ft
位置 北緯45度48分28秒
西経108度32分34秒
座標: 北緯45度48分28秒 西経108度32分34秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
07/25 NO 1,677×23 舗装
10L/28R YES 3,206×46 舗装
10R/28L NO 1,159×23 舗装
リスト
空港の一覧

ビリングス・ローガン国際空港(ビリングス・ローガンこくさいくうこう、Billings Logan International AirportIATA: BIL)は、アメリカ合衆国モンタナ州東南部にある空港。同州の最大都市ビリングスとその都市圏のみならず、モンタナ州東部・中南部、さらにはワイオミング州北部にわたる広い地域をカバーする。空港はビリングスのダウンタウンの北約3kmに立地している。

「国際空港」と名が付いてはいるが国際線は無く、最も遠い行先でも西へはシアトル、南へはラスベガス、東へはシカゴにとどまる。しかし、デンバー国際空港シカゴ・オヘア国際空港ソルトレイクシティ国際空港ミネアポリス・セントポール国際空港ポートランド国際空港シアトル・タコマ国際空港と、各社のハブ空港への直行便があり、比較的利便性は高い。10万人近い人口を抱えてはいるが、大都市からはいずれも遠く離れ、車ではシアトル・ミネアポリスのいずれへも12時間以上を要するビリングスにとっては、地域と州外とを結ぶ重要な玄関口としての役割を果たす空港である。

歴史[編集]

記録に残っている中では、ビリングスでの最初の飛行は1912年に地元歯科医のフランク・ベルが自作のカーティス0-X-5機で行ったものであった。翌1913年戦没将兵追悼記念日には、ベルはビリングス・パークシティ間往復64kmを飛行した。この飛行は地元の画家J・K・ラルストンによってFirst Flightというタイトルの絵画として残された。この絵画はビリングス・ローガン国際空港のロビーに展示されている。

1927年、ビリングスでの空港建設の機運が高まりを受け、市当局は滑走路の建設のために5,000ドル(当時)の費用と162haの用地を承認した。工具を馬に曳かせて建設された550mの滑走路と管理棟は1928年に完成し、同年5月28日にビリングス市営空港として開港した。1933年には、ノースウェスト航空が大手航空会社としては初めてビリングスに乗り入れた。

空港は1935年の滑走路ランプ設置から2005年の新管制塔完成まで、幾度にもわたって行われた。空港ターミナルは1958年1972年1992年の3度、大規模な改装がなされた。2006年初めには、航空機の到着便と出発便をリアルタイムで表示するモニタが設置された。

空港は故人となった空港マネジャーのディック・ローガンから名を取って1957年にビリングス・ローガン・フィールドと改名された。さらに1971年にはビリングス・ローガン国際空港と改称された。当時はカナダからの国際線が発着していた。

就航路線[編集]

ビリングス・ローガン国際空港のターミナルはAとBの2つのコンコースに分かれている。

コンコースA[編集]

コンコースB[編集]

航空貨物[編集]

かつてはDHLの航空機もビリングスに発着していたが、2006年1月に撤退した。

外部リンク[編集]