ビラール・ペロサM1915

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビラール・ペロサM1915
Villar-Perosa M15.jpg
二脚を外した状態のM1915
ビラール・ペロサM1915
種類 小型機関銃
製造国 イタリア王国の旗 イタリア王国
仕様
口径 9mm
銃身長 297mm
使用弾薬 9x19mmグリセンティ弾イタリア語版
装弾数 25発 x 2丁(弾倉式)
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープン・ボルト撃発
全長 595mm
重量 7,900g
発射速度 約3,000発/分
銃口初速 420m/秒
有効射程 200m
歴史
設計年 1914年
テンプレートを表示

ビラール・ペロサM1915Villar Perosa)は、1915年イタリアで開発された小型機関銃である。制式名称はFIAT Mod. 1915

開発経緯[編集]

第一次世界大戦初期から各国軍で軍用機の投入が始まったが、当初は偵察が主な用途であった。その為、この時期の軍用機は機銃のような固定武装を装備しておらず、航空機同士の遭遇戦では、もっぱら機に装着されたフックで相手の戦闘機を引っ掛け落とすか、コックピットに銃器を持ち込み、互いに撃ち合うといった方法が取られていた。最初はボルトアクション方式のライフル銃が使用されていたが、操縦しながらライフルのボルト操作(弾薬の装填と射撃)を行わなければならず、またライフル銃自体が大きく取り回しが非常に不便であったため、やがて自動式拳銃が使用されるようになった。だが拳銃に関しても高速で飛び回る航空機を相手に命中させるのには飛距離や威力といった面で当然無理があった。

ビラール・ペロサM1915の登場[編集]

当時、連合軍として参加したイタリア軍では他国と同じく航空機用の兵器として機関銃の搭載を思案中であった。しかし当時の機関銃とは現在の重機関銃に相当する大型で重量があるものばかりで、航空機への搭載には不向きなものばかりであった。そこでイタリア軍では、より軽量かつ小型な機関銃の研究を進めることとなった。

イタリアにおける小型・軽量機関銃の開発は第一次世界大戦以前から進められていた。開戦に先立つ1914年4月8日にはイタリア軍の銃器技師アビエル・ベテル・リベリ・ディ・ボーモントイタリア語版大佐が、M1915の直接の原型となる「拳銃弾を使用する新型自動火器」に関する特許を取得している。その翌年の1915年には試作品が完成し、まもなくFIAT Mod. 1915の制式名称が与えられ生産されるようになった。

9mmグリセンティ弾を使用し、全体的に小さく銃本体を横に二丁並べその間にトリガーと2脚を装着させたような形状で、弾倉も25発入り箱型弾倉を上から垂直に装填する方式を採用し、発射時に安定するように銃前方にはハンドグリップが装着されている。

シンプル・ブローバック方式を採用し、オープン・ボルトから撃発サイクルがスタートし、フルオート発射のみが可能であり、その最大射程は約800mで有効射程は約100mだった。

その後[編集]

ビラール・ペロサM1915は、威力の小さな拳銃弾を使用したため、航空機に損害を与えられず、銃身に2脚を追加されて地上戦装備として転用された。

1918年には単装化した上で木製銃床を装着したものがVillar Perosa Mod.1918、通称Officine Villar Perosaイタリア語版(OVP)として採用されたほか、ベレッタ社でもM1915を単装化して木製銃床と折畳式のスパイク型銃剣を装着したベレッタM1918を発表している。

関連項目[編集]