ビラリ現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビラリ現象(ビラリげんしょう、: Villari effect)とは、磁性体圧力を加えるとその磁化の強さが変化する現象のこと。

強磁性体には、磁界が加わると、外形寸法が変化がする性質がある(磁歪または磁気ひずみという)。これは、外部からの磁界のエネルギーが、原子間のポテンシャルエネルギーに変換されることによる。磁歪の大きさは磁歪定数であらわされる。この磁歪現象は工業的にはセンサアクチュエータに利用される。

磁歪に関係する現象には以下のようなものがある。

ビラリ効果(Villari effect)
磁性体に圧力を加えるとその磁化の強さが変化する現象のこと。
マテウチ効果(Matteucci effect)
磁歪材料がねじられた時に円周上(ヘリカル?)の磁界が発生する。
ウィーデマン効果(Wiedemann effect)
円周上の磁界が磁歪材料にねじりを発生させる現象のこと。

関連項目[編集]