ビョルン・ヴィルコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1966 Oslo 70m級個人
1966 Oslo 90m級個人

ビョルン・ヴィルコラ(Bjørn Wirkola、1943年8月4日 - )はノルウェーフィンマルク県アルタ出身の元スキージャンプ選手、ノルディック複合選手、サッカー選手。スキージャンプで1960年代後半から70年代にかけ活躍、70年代前半にはサッカー選手としても活躍した。

プロフィール[編集]

1966年、自国のオスロで開催されたノルディックスキー世界選手権で90m級、70m級の2冠に輝いた。この大会はホルメンコーレン大会を兼ねていたが、翌1967年も優勝、ホルメンコーレン大会2連覇を記録した。

1966-1967シーズンからジャンプ週間3連覇。これは史上唯一の記録で、ジャンプ週間で通算10勝はイェンス・バイスフロクドイツ)と並ぶタイ記録である。

ビルコラはスキーフライングで世界記録を3回更新している。1966年、ヴィケルスンで146mを記録、1969年にプラニツァで156m、160mを記録した。

オリンピックには3度出場、1964年インスブルックオリンピックは90m級で16位、ノルディック複合で11位だった。 1968年のグルノーブルオリンピックで70m級4位(これがオリンピックでの最高位)、90m級23位となった。 1972年の札幌オリンピックでは90m級37位に終わった。 このシーズンを最後に現役を引退した。 また、ノルウェー選手権で合計8度優勝している。

1968年にその業績に対しホルメンコーレン・メダルを受賞した(同時に受賞したのはオーラヴ5世アーサー・レーンルンドギャルムン・エッゲンen:Gjermund Eggen)。

一方、1971年から本格的にサッカーを始め、ローゼンボリBKトロンハイム)のフォワードとして活躍、1971年にチームはカップ戦とリーグ戦をともに制し2冠を達成した。この年にビルコラはEgebergs Ærespris(ノルウェー人で複数のスポーツにおいて優秀な成績を残した選手に贈られる賞)を受賞した。サッカーは1974年までプレーした。

外部リンク[編集]