ビューティフル・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビューティフル・ボーイ(Beautiful Boy (Darling Boy))は、1980年に発表されたジョン・レノンの楽曲。アルバム『ダブル・ファンタジー』に収録された。

この曲は、発表当時5歳だったショーン・レノンに捧げた歌である。ジョンは、ビートルズ時代の1968年に前妻シンシア・パウエルとの間に生まれた子のジュリアン・レノンに捧げた曲としてグッド・ナイト(ちなみに、同曲が発表された当時のジュリアンの年齢も5歳である)を発表しているが、「歌うのが恥ずかしい」との理由でリンゴ・スターに歌わせていた。しかし、この曲では内容が違うという事もあるだろうが、自分自身で歌っている。5年間の主夫生活で心境が変わっていたのをこの曲で窺い知る事ができよう。

この曲の歌詞のくだりには「大人になるのが待ちきれないよ。でも大人になる事は海での長旅のようなもの。2人で辛抱しなくては。長い道程、苦労が多い、本当に長い旅だよ。」というフレーズがあるが、人生について語ったくだりはビートルズ時代のポールとの共同作品「恋を抱きしめよう」、ソロ転向後の「ハウ?」に見受けられることから、これらのアンサーソングという意味合いもあるようである。

この曲は、ショーンが16歳の時に出演した資生堂コマーシャルソングとして採用された。また、同時に日本でのみシングルCDとして発売されているがカップリングで収録されている曲は、オノ・ヨーコが書いたチェーン・ソング「ビューティフル・ボーイズ」である。

この曲をカヴァーしたアーティストには、セリーヌ・ディオンフィーダーベン・ハーパーDREAMS COME TRUEが挙げられる。