ビーフステーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビフテキから転送)
移動: 案内検索
ビーフステーキ

ビーフステーキBeef steak)とは、フライパン等の鉄板、あるいは金網等を使用して直火焼きするなど、牛肉のスライスを焼いたステーキ肉料理の一種である。

語源は串に刺し焼いた肉を指す古ノルド語(steik)からとされ、ロンドンで切り身を焼く形になった。日本では略語として古くはビステキと呼び[1]。またフランス語bifteck)からビフテキ[2]とも呼ぶが、これら略称がレストランなどで使用されることは現在はほとんどない。

焼き加減[編集]

肉の種類や好みによって、焼き加減が異なる。

部位[編集]

牛肉の部位名称

使用する肉の部位によって様々な名称がつけられる。

英国ではヘンリー8世食事にロイン(の部分)を出したところ、それを食べたヘンリー8世があまりのうまさにsirの称号を与えて、サーロインと呼ばれるようになったと言う伝説がある。しかし加島祥造によれば民間語源説であり、sirはsur、つまり「上」の意味で腰の上部の肉という意味から来ているとしている[3]

上記の部位名称とは異なる呼び方として、日本では下記の呼称も使用される。

調理法[編集]

調理法(肉の切り方、ソースなど)によっても名称が異なるが、基本的なステーキの焼き方については以下を参照。

  1. 筋をとる
  2. コショウで下味をつける。この際塩を先に振ると余計に水分が抜けるため、それを防ぐためコショウから先に振っておく。さらに焼く15分程度前にコショウを振っておくとより臭みが抜ける。
  3. 油(牛脂など)をフライパンに敷き、強火で焼く。焼き加減は好みによるが、普通は肉汁が出たぐらいでひっくり返すと良い。
  4. 皿に盛るなどしてフライパンから上げる。

脚注[編集]

  1. ^ 正岡子規夏目漱石和辻哲郎山田風太郎らの作品に記されている。ちなみにスペイン語ではbistec、ポルトガル語ではbisteca、イタリア語ではbisteccaという。
  2. ^ 北岡敬『そこが知りたい【事始め】の物語』雄鶏社
  3. ^ 加島祥造『英語の辞書の話』講談社 1976年 、145-146頁。

関連項目[編集]