ビフェニル-2,3-ジオール-1,2-ジオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビフェニル-2,3-ジオール-1,2-ジオキシゲナーゼ
2ZI8.png
識別子
EC番号 1.13.11.39
CAS登録番号 103679-58-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ビフェニル-2,3-ジオール-1,2-ジオキシゲナーゼ(biphenyl-2,3-diol 1,2-dioxygenase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ビフェニル-2,3-ジオール + O2 \rightleftharpoons 2-ヒドロキシ-6-オキソ-6-フェニルヘキサ-2,4-ジエン酸 + H2O

反応式の通り、この酵素の基質ビフェニル-2,3-ジオールO2、生成物は2-ヒドロキシ-6-オキソ-6-フェニルヘキサ-2,4-ジエン酸H2Oである。

組織名はbiphenyl-2,3-diol:oxygen 1,2-oxidoreductase (decyclizing)で、別名に2,3-dihydroxybiphenyl dioxygenase、biphenyl-2,3-diol dioxygenaseがある。

参考文献[編集]

  • Utsumi T and Funatsu G (1986). “Induction of superoxide production in polymorphonuclear leukocytes by ricinus lectins and its dependency on lectin valency”. Agric. Biol. Chem. 50: 1047–1049.