ビデオポーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビデオポーカー(Video Poker)は、ビデオモニターに表示されたトランプポーカーの役を作るゲームで、ギャンブルを目的とする広義のスロットマシンの一種である。基本的には偶然の結果によるチャンスゲーム(game of chance)だが、適正な戦略が存在し、機種や設定によってはプレイヤーの技量次第で期待値が100%に迫るか、または越えるものもあるため、プロプレイヤーが存在するとも言われている。

日本では、賭けを伴わないメダルゲームの1ジャンルとしての地位を確立している。

ゲームの流れ[編集]

ビデオポーカーにはルールのバリエーションが多数存在するが、殆どのゲームの手順はほぼ同一である。以下は、一般的なビデオポーカーのプレイ手順である。

  1. 賭け金を投入し、「DEAL」ボタンを押下すると、5枚のカードが表向きに表示される。
  2. 残しておきたいカードを、それに対応する「HOLD」ボタンを押下して指定する。
  3. 「DRAW」ボタンを押下すると、手順2で「HOLD」ボタンで指定しなかったカードが消え、その場所に新たなカードが表示される。
  4. 最終的に画面に表示された5枚のカードで、所定の役ができていれば、役のランクに応じた配当を受ける。

ビデオポーカーのバリエーション[編集]

ウィキペディア英語版の「List of video poker games」には、2007年2月現在で55種類のゲームが挙げられているが、このリストには、記載もれか、もしくは意図的に記載していないと思われるケースが散見され、全ての機種を網羅しているとは言えない。しかし、たいていのカジノで見ることができるほど広く普及している機種は限られており、以下はそのような機種の例である。

ジャックス・オア・ベター(Jacks Or Better)
ジャックのワンペア以上の役があれば配当が得られる。ゲーム筐体には単に「DRAW POKER」としか表示されていないものもあり、最も標準的な機種と捉えられている。
ボーナス・ポーカー(Bonus Poker)/ダブルボーナス・ポーカー(Double Bonus Poker)
両機種とも、役の体系はジャックス・オア・ベターに通じるが、フォー・オブ・ア・カインドを、カードランクによって3種類に分類し、それぞれに異なるボーナス配当を設定することで、ギャンブル性を高くしたゲーム。
ダブルダブルボーナス・ポーカー(Doubledouble Bonus Poker)
ボーナス・ポーカーやダブルボーナス・ポーカーで3種類に分類されたフォー・オブ・ア・カインドを、更に役に関係しない残りのカード(キッカー)によって細分化し、より高いボーナス配当が得られる役を設定して、ギャンブル性を更に高めたゲーム。
デューシーズ・ワイルド(Deuces Wild)
4枚の「2」のカードをワイルドカードとするゲーム。ジャックス・オア・ベターとは役の体系が異なる。
ジョーカーズ・ワイルド(Joker’s Wild)
ワイルドカードとなるジョーカーが1枚加わった全53枚のカードで行うゲーム。

ワイルドカードを含むゲームでは、ロイヤルフラッシュの扱いに様々な方法が用いられる。ワイルドカードを含んだエースハイストレートフラッシュをロイヤルフラッシュとして認めるゲームもあれば、ただのストレートフラッシュとしてしか認めないゲームもあり(この場合、配当表には「ROYAL FLUSH W/O JOKER」と表記されると共に画面に「ROYAL FLASH W/ JOKER REGARDS AS STRAIGHT FLASH」と明記される)、中にはロイヤルフラッシュとストレートフラッシュの間の特殊な役(この場合、「ROYAL FLUSH W/ JOKER」と表記される)とするものもある。

プレイの目安[編集]

ペイアウトテーブルに従って、正しい戦略は常に一意に決定されるが、その戦略は往々にして複雑なものとなる。ここでは、JACKS OR BETTERにおける極めて単純な指針を述べるにとどめる。

  • 常にフルベットを行う。これは、ジャックポット(ロイヤル)においてフルベット時のみ特別な恩恵が与えられることが多いためである。フルベットが行えないような場合はデノミの低い機種でプレイすることを考慮する。また、日本のマシンの場合、フルベット未満の場合は役の抽選にも不利になることがほとんどである。
  • 4枚揃いのロイヤルは強く考慮する
  • たとえローペア(10以下のペア)であってもペアは極力ばらさない
  • 4枚揃いのフラッシュは考慮する
  • アウトサイドストレート(麻雀で言う両面待ち。例えば5,6,7,8HOLDで4と9の2面待ち)は考慮する。低位のインサイドストレート(麻雀で言う嵌張待ち。例えば3,4,5,7HOLDで6のみの待ち)は考慮しない。
  • 3枚並んだストレートフラッシュは考慮する
  • 何も志向できない場合は、J以上があれば適切に残す
    • AQJxxで何をどう残すか?(QJを残す)複数枚でスートが同じものがあった場合はどうするか?(フラッシュを期待して、スートが同じものを優先して残す)10をどうするか?(非常に微妙である)などの細かな選択がプレイ効率に直結する重要な要素となる
  • J以上もなければすべて取り替える

パーフェクトストラテジ、セミパーフェクトストラテジ(若干の控除率を犠牲にして、覚えやすさとプレイアビリティを優先したもの)などが数十ドル程度で市販されている。また、いくつかの基本戦略はWeb上で無料で公開されている。 反復練習による速度の向上と精度が重要なため、いくつかの練習用ソフトが市販されている。

演出と操作[編集]

現在、日本国内において稼働しているビデオポーカーマシンには、本来のカジノ向け機器とは異なる、「先に結論を決めておいてから、それに当てはまるようなカードを現出させる」ものが存在する。これは、日本のメダルゲーム機器における法の規制が存在しないため、このような形を取った方が営業的に楽ということが考えられる(が、当然客の側から見れば好ましくない)。また、違法営業ではあるが、いわゆるポーカー喫茶などの賭博ゲーム場においては、上位役の出現を通常時禁止しておき、店の人間の遠隔操作によってのみ出現するような機種や、設定により一定額以上の配当を禁止する(制限に引っかかると強制的にハズレにする。特にダブルアップのような付加機能に対して適用される)様な機種も存在する。

ただし、特定メーカーの機器においては、基本的にナチュラルディールによりゲームを進行しており、演出などは「カード現出が確定した後に、演出の可否を抽選する」方式を採っているため、上記のような指摘は誤りとなる場合があることにも留意が必要である(前兆やリーチ目などもメーカーによりけりとなる)。

関連項目[編集]