ビッグ・ビル・ブルーンジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビッグ・ビル・ブルーンジーBig Bill Broonzy , 1893年または1898年6月26日1958年8月15日)は、生涯で300曲近くのブルースを作曲したアメリカ合衆国のブルース・シンガー、ギタリスト、作曲家。ミシシッピー州出身。

経歴[編集]

「ビッグ・ビル」は1893年または1898年6月26日(正確な年は不明)、ミシシッピ州スコット郡にウィリアム・リー・コンリー・ブルーンジー(William Lee Conley Broonzy)として生まれた。ブルーンジー自身は1893年生まれと主張したが、ブルーンジーの双子の姉妹のラニー・ブルーンジーは1898年生まれであることを証明した文書を所持していると主張した[1]。この時期、黒人男性が職を得たり軍に参加したりするのに実際の年齢に上乗せすることは普通であり、ブルーンジーのケースもしばしば起こりえることかもしれない。いずれにしても、ブルーンジーは1924年にミシシッピ州を離れてシカゴに到着し、そこで彼にギターを教えた(彼は以前はフィドル奏者であった)パパ・チャーリー・ジャクソンw:Papa Charlie Jackson)と出会った。

ブルーンジーは最初にソロのシンガーとして1929年に録音し、そのスタイルで録音を続けた。1936年彼は、トラップス(ドラムス)とアコースティック・ベースと、ひとつ以上のメロディ楽器(ホーンもしくはハーモニカ)で構成された小さなグループを使った、最初のブルース歌手の一人となった。これで録音されたは、通常は「ビッグ・ビルと彼のシカゴ・ファイブ(Big Bill and his Chicago Five)」名義でリリースされた。当時、ブルーンジーはARCレコーズ系列のより安いレーベル(メロトーンパーフェクト・レコーズなど)で録音していた。1939年、ARCがCBSに吸収されて、ブルーンジーはヴォカリオン(後のオーケー)に現れ、1945年以降はコロンビア・レコーズに移った。彼の最も知られた曲のひとつ、「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」はこの頃に書かれた。彼の人生の大半では、寝台車のポーター、コック、鋳物工、守衛をして収入を稼いでいた。

この時期、ブルーンジーは通常サウスサイドのクラブで演奏し、また1930年代の間はメンフィス・ミニー(w:Memphis Minnie)と共にツアーをした。第2期のアメリカ音楽家連盟(w:American Federation of Musicians)が1948年に解散すると、ブルーンジーはマーキュリー・レコーズのレーベルとの契約を結ぶ機会に恵まれ、そこで彼は1951年にレコードを制作した。その後、ブルーンジーはフォーク・ブルースのルーツに戻り、1956年初めまでヨーロッパ中を広範囲にわたってツアーし、そして録音した。さらに英国で紹介されたことが、彼の知名度を大きくアップさせた。ブルーンジーの演奏を見た英国の聴衆は、彼の演奏技術に驚嘆の声をあげたと伝えられている。彼はシカゴ・ブルースのスタイルのパイオニアであり、1942年の初めにはエレクトリック楽器を導入していたにもかかわらず、彼の新しい白人の観衆たちは、彼にアコースティック・ギター一本だけで初期の曲を演奏するのを聞きたがり、それらの曲がより「正真正銘」であると考えられた。ブルーンジーは1956年にシカゴに戻り、演奏を続けた。スタッズ・ターケルウィン・ストラックとブルーンジーは「I Come for to Sing」と呼ばれるフォーク音楽の批評のツアーをした。ブルーンジーはシカゴのオールドタウンスクール・オブ・フォークミュージックを設立した教員の一人であった。ターケルは彼をこのグループの重要人物と評した[2]。ブルーンジーは開校の初日の夜に現れて、最初のクラスに彼の曲「The Glory of Love」をどのように歌うのかを教えた[3]

彼は1958年に咽頭癌で亡くなり、イリノイ州ブルーアイランドリンカーン墓地に埋葬された[4]。彼のフォーク・ブルース時代の間、彼はピート・シーガーw:Pete Seeger)、ソニー・テリーw:Sonny Terry)、ブラウニー・マギーw:Brownie McGhee)、レッドベリーらと録音した。彼の初期のARC/CBSでの録音物に相当する曲は、CBSソニーの名曲集で再リリースされている。同じく、他の初期の録音は、後期のヨーロッパとシカゴでの1950年代の録音物と同様に、ブルース再発レーベルにまとめられている。

ブルーンジーは彼の1950年代初期の同時代の他の人のように華々しいエレクトリックのギタリストでは決してなかったので、彼はその時代の他の人ほどには有名ではなく、また1960年代の英国の「ブルース・リバイバル」の時期にも広範囲にわたってカバーされなかった。しかしながら、デレク・アンド・ザ・ドミノスが彼の曲「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」を、アルバム「いとしのレイラ(Layla and Other Assorted Love Songs)」で取り上げたことで多少の人気を得た。彼はアコースティックギター奏者として称賛されていて、マディ・ウォーターズメンフィス・スリムw:Memphis Slim)、レイ・デイヴィスらの主なインスピレーションの源であった。

2007年9月のQ-Magazineでは、ローリング・ストーンズロン・ウッドが、ギター音楽の中で彼のお気に入りがブルーンジーの曲であると言及された。その曲は「ギター・シャッフル」で、「それは俺が演奏を学んだ最初の曲のひとつだけど、今でもそれを正しく演奏できないんだ」と語った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]