ビッグ・アップル (ニューヨーク市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
54丁目とブロードウェイ

"ビッグ・アップル" (The Big Apple) とはニューヨーク市のニックネームである。1920年代、New York Morning Telegraph誌のスポーツライターであるen:John J. Fitz Geraldによって最初に一般に広められた。1970年代以降のこの言葉の認知度は、en:NYC & Companyとして現在は知られているNew York Convention and Visitors Bureauによる促進キャンペーンの影響が大きいとされる。

成り立ち[編集]

シティ・フィールドにあるニューヨーク・メッツのホームラン・アップル

かつてビッグ・アップルの歴史は謎と考えられていたが[1]、主にアマチュアの語源研究家en:Barry Popik[2]ミズーリ工科大学のGerald Cohen[3]によるこの20年間[いつ?]の調査により、筋道の通った明瞭な見解が生まれた。それ以前は多くの間違った説が存在していた[4]。一例として、この言葉はニューヨークの売春宿のマダム(女性経営者)の通名がイヴであったことに由来しているという主張があった[5]。やがてこれは作り話であることが明らかにされ[6]、より正確な情報を持つウェブサイトによって置き換えられていった[7]

最初に"big apple"というフレーズを用いたのは、1909年出版のen:Edward Sandford Martinによるニューヨークの旅行者 (The Wayfarer in New York) の一節、"カンサスはニューヨークをどん欲な街だと見なしがちである。大きなリンゴは国家の蜜を不釣り合いな割合で吸い取っているとみることができる"(太文字による強調追加)と言われている[8][9]en:William Safireはこれを新造語とみなしているが、ランダムハウスのアメリカ・スラング辞書はこの用法を"新しいスラング用語の明確な例というよりは隠喩またはおそらくはことわざ的な用語である"とみなしており、Popikも同様にこれを新造語とはみなしていない。

1920年代初頭、"アップル"という単語はニューヨーク市内やその周辺の多くのレーシング・コースで授与される賞の中でも、最も報奨金が多い著名な賞の名前を指していた。

The Big Appleはニューヨーク市を指す言葉として John J. Fitz Geraldによって最初に大衆に広められた。彼は1920年代のNew York Morning Telegraphのニューヨーク競馬に関する数々の記事の中でこの言葉を使用した。このうち初出のものは1921年5月3日に簡単に述べられている:

明日、BowieHavre de Graceでの最も盛況な春のキャンペーンの後に、トレーナー・J. P. Smithと競走馬en:Tippity WitchetそしてL. T. Bauer stringの他の者たちは"ザ・ビッグ・アップル"へと出発する予定である。[10]

Fitz Geraldはそれからも"big apple"という言葉にたびたび言及している[11]。彼は1924年2月18日のコラムで、彼の使用を"ザ・ビッグ・アップルの周辺" (Around the Big Apple) というヘッドラインの下に説明している:

ザ・ビッグ・アップル。かつてサラブレッドにまたがったすべての馬飼育係とすべての騎手(オーナー)の夢である。ビッグ・アップルはただ一つしかない。それはニューヨークである。

二人の浅黒い馬飼いが、ニューオーリンズのフェア・グラウンド競争場の隣接する馬小屋の"冷却環"の周りで、二頭のサラブレッドを率いて雑談をしていた。

"君たちはここからどこにいくつもりなんだ?" と一人が尋ねた。

"ここから僕たちはザ・ビッグ・アップルを目指すんだ。"ともう一人が誇らしげに答えた。

"なんだって、君は馬たちを太らせて家畜にした方が(皮を剥いだ方が)まだいい、さもなければアップルから戻ってきた君たちはすべてリンゴの芯になっているだろう。"と即座に返答した。[12]

Fitz Geraldの"浅黒い" (dusky) 馬飼いへの言及は、この言葉の起源はアメリカの黒人文化にあることを示唆している。これを支持する証拠は全国紙であったアフリカ系アメリカ人の新聞en:Chicago Defender誌において見つかっている。Defender誌のヴォードヴィル/ラグタイムのパフォーマー兼ライター“Ragtime” Billy Tuckerは、競馬以外の文脈で"big apple"をニューヨークを指す言葉として1922年9月16日の誌面に用いている:

あなたの'ザ・ビッグ・アップル'(ニューヨーク)への旅は大成功すると信じています。私のただ一つの望みはあなたとともにそれを成し遂げていくことです。[13]

Tuckerはそれ以前に"Big Apple"を他の都市ロサンゼルスを指す言葉としても用いている。1920年5月15日の記事が、"Big Apple"をニューヨーク以外の都市を指すために使われた知られている最初の例である。[要出典] このライターは"Big Apple"を単に大きなどの都市でも表す適切なニックネームであると理解していた可能性はある:

親愛なるPal, Tony:いいえ、Ragtime Billy Tuckerの存在は完全に消えてしまってはいない。私はまだ'ビッグ・アップル'、ロサンゼルスにいる。[13]

1920年代後半になると、Fitz Gerald以外のニューヨークのライターも"Big Apple"という用語を使い始め、競馬以外の文脈でも用いられるようになった[14]。1930年代は、"The Big Apple"という流行歌[15]Big Appleというダンス[16]も登場した。この名前は、1940年代や50年代になってもen:Walter Winchellと他のライターによって使われ続けた[17]

1960年までには、"the Big Apple"はニューヨークの古い名前だけを指すものとして知られるようになった[18]。しかし1970年代初頭には、New York Convention and Visitors Bureau(現在は、ニューヨーク市のマーケティングと観光政策の公式組織であるNYC & Company)は、その社長であるCharles Gillettのリーダーシップの下、ニューヨーク市を"the Big Apple"とする促進活動を始めた[19][20]。それ以降、この言葉は一般的に通じるようになっている[21]ルドルフ・ジュリアーニ市長は1997年、 西54丁目英語版ブロードウェイの南西の角、J. Fitz Geraldが1934年から1963年まで住んでいた場所を"Big Apple Corner"として指定する法案にサインした[22]

ニューヨーク・メッツはメッツの選手がホームランを打ったときに必ず上がってくる"ホームラン・アップル"を呼び物として用いている。これはメッツ野球チームのシンボルとなっており、メッツの球場の象徴的な特色としてリーグの球団中に浸透している。これは最初、シェイ・スタジアムに導入され、その元祖のリンゴはシティ・フィールドジャッキー・ロビンソンロタンダの外のディスプレイで今も見ることができる。シティ・フィールドは現在は新しいリンゴを使用している。これは元祖のリンゴより4倍近く大きい。

エビータの中のEva, Beware of the Cityという曲では、ブエノスアイレスは"B.A., Buenos Aires, Big Apple"と呼ばれている。この呼び名は作詞家ティム・ライスによる考案で、以前から用いられていたものではない。

脚注[編集]

  1. ^ Why is New York called the Big Apple?, The Straight Dope February 18, 1977.
  2. ^ The Big Apple. This web site, owned and maintained by Barry Popik, contains updated information reflecting research by Popik and others and includes the text of significant examples.
  3. ^ Gerald Cohen, Origin of New York City's Nickname "The Big Apple" (1991), ISBN 3-631-43787-0.
  4. ^ False Etymologies.
  5. ^ Why Is New York City Called "The Big Apple"? Wayback Machine archive of earlier version of web page.
  6. ^ Big Apple Whore Hoax (1800s!).
  7. ^ Why Is New York City Called "The Big Apple"?
  8. ^ Safire, William (September 17, 2000), “Big Applesource”, The New York Times Magazine, http://www.nytimes.com/2000/09/17/magazine/the-way-we-live-now-9-17-00-on-language-slurvian.html?pagewanted=2 
  9. ^ Safire, William (2004), The Right Word in the Right Place at the Right Time, p. p. 23 
  10. ^ First “Big Apple”: May 3, 1921.
  11. ^ Numerous 1920s “Big Apple” citations in the New York Morning Telegraph.
  12. ^ First “Big Apple” explanation: February 18, 1924. 原記事も参照image.
  13. ^ a b "Big Apple" antedating; 1920s Vaudeville/Ragtime “Big Apple” Citations.
  14. ^ 1920s Non-Horseracing “Big Apple” Citations.
  15. ^ “Big Apple” song by Bob Emmerich.
  16. ^ “Big Apple” in the 1930s (Two clubs, plus song and dance).
  17. ^ “Big Apple” in the 1940s-1950s.
  18. ^ Kurt Vonnegut, Slaughterhouse-Five 265 (1969; Delta Trade Paperbacks ed. 1999) ("That's what they used to call New York").
  19. ^ About NYC and Company.
  20. ^ Big Apple 1970s Revival: Charlie Gillett and Lew Rudin.
  21. ^ “Words and Their Stories: Nicknames for New York City”. Voice of America. (2010年2月23日). オリジナル2010年4月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100413182642/http://www1.voanews.com/a-23-2009-12-24-voa2-84659432.html 2010年3月2日閲覧。 
  22. ^ Mayor's Press Office, Release No. 082-97, Mayor Giuliani Signs Legislation Creating "Big Apple Corner" in Manhattan (Feb. 12, 1997).

外部リンク[編集]