ビジャ・ラス・エストレージャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上空より見たビジャ・ラス・エストレージャス

ビジャ・ラス・エストレージャス(Villa Las Estrellas)は南極圏にあるチリの町。『星の村』という意味である。

概要[編集]

チリが領有権を主張しつつも、南極条約により領有権が棚上げとなっているチリ領南極の領域にあるキングジョージ島にあり、チリ空軍が管理しているエドゥアルド・フレイ・モンタルバ基地Base Presidente Eduardo Frei Montalva)にある。1984年4月9日開基となる。

位置は、南緯62度12分1.5秒西経58度57分55秒のところにある。

人口は夏冬で変動するが常に住民がおり、その数は80人から150人となる。14棟の個人住宅が建設されている。一時期15人の小学生がいた小学校があるが、小学校のあるエスペランサ基地はより南であり、世界最南の小学校とはいえない。観光客用の最大20人が泊まれる宿泊施設オステル(Hostel)もある。観光客用のみやげ物販売店もある。病院や郵便局も存在する。

YouTubeにも、関連動画がアップロードされている[1]

ビジャ・ラス・エストレージャスの夜景


脚注[編集]

座標: 南緯62度12分1.5秒 西経58度57分55秒 / 南緯62.200417度 西経58.96528度 / -62.200417; -58.96528