ビザンティン哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビザンティン哲学(Byzantine philosophy)では特に8世紀から15世紀までの東ローマ帝国哲学者学者に特有な哲学的思想について述べる。ビザンティン哲学においてはキリスト教的世界観が支配的なのが特徴であるが、プラトンアリストテレスネオプラトニズムに直接に由来する思想も併せ持っている。東ローマ帝国ではプラトン的形而上学はしばしば「ギリシアの神話」と呼ばれてキリスト教に悖るものと考えられ、知識人たちの間で異教哲学への関心が沸き起こると教会や修道士がそれに反対するということが何度も起こった[1]

歴史[編集]

古代ギリシアの科学・文化は中世もビザンティン帝国で存続しており、ビザンティン哲学はキリスト教を基調としてはいてもプラトン、アリストテレス、ネオプラトニズムに依拠しつつ展開した。7世紀に、ダマスクスのヨハネスが三部から成る百科全書を作成しており、その第三部ではキリスト教神学が体系的に説明されていた[2]。9世紀にはコンスタンティノープル総主教フォティオス1世が古代の著述家の作品を収集して、アリストテレス論理学を研究した。彼の弟子のカエサレアのアレタスはプラトンやアリストテレスの著書を注釈した[3]。11世紀・12世紀には哲学を教えることにより関心がもたれるようになり、ミカエル・プセルロスニカイアのエウストラティオスエフェソスのミカエルらがアリストテレスの注釈書を書いた[3]

13世紀・14世紀の重要な哲学者としてはニケフォロス・ブレンミュデステオドロス・メトキテスがいる。また、グレゴリオス・パラマスヘシュカズムとして知られる神秘主義運動を発展させた。ヘシュカズムは神の像の幻視ともいわれるタボスの光の像を達成するための思索的なイイススの祈りを伴う[2]。ヘシュカズム運動こそが、東方キリスト教圏において哲学的な教養を備えた人々を西方へ移動させることになったリフを起こした。この移住が西方におけるルネサンスの出現に決定的な役割を果たした。特に、ヘシュカズムに反対したカラブリアのバルラアムは西方のローマカトリック神学の形成に寄与した。さらに、皇帝ヨハネス6世カンタクゼノスの周辺でラテン語の文献が体系的にギリシア語に翻訳された[4]。彼の友人であったデメトリオス・キュドネスは外交官として働くためにラテン語を学んだ際にトマス・アクィナスの『対異教徒大全』に出会い、トマス主義に染まることとなった。彼はカンタクゼノスの支持を受けてトマス・アクィナスの『対異教徒大全』および『神学大全』、それにアンセルムスヒッポのアウグスティヌスの著作をギリシア語に翻訳した[5]。キュドネスは他にも小論文『死を恐れないこと』を著し、キリスト教に全く言及せずにプラトンの術語のみを使って不死性を論じた[6]。こういった「ラティノフロニー」(ラテンびいき)の潮流はパラマスの思想に反対する人々が主な担い手となったが、ネイロス・カバシラスヨセフォス・ブリュエンニオスのように、パラマス派神学者でトマス主義との調和を模索する者もいた[7]。ビザンティン帝国最後の偉大な哲学者はゲオルギオス・ゲミストス・プレトンで、彼はプラトニズムを復興することで落日期にあった東ローマ帝国を立て直せると考えていた。彼は、古代哲学が西方に伝播する上で重要な人物であった[2]

コンスタンティノープル大学[編集]

東ローマ社会は当時の世界平均からすれば教育がよく行き届いており、他国よりも識字率が高かった。とりわけ、古典古代アカデメイアに連なる安定した教育システムが存在した。初等教育は村のレベルに至るまで広く受けられた。東ローマに特有なこととして、帝国内では教育はある程度公共的なものであった。ムスリムによる征服までの数世紀間、アンティオキアアレクサンドリアといった多くの州都で同一の制度が施行されていた[8]

コンスタンティノープル大学の元になる学校は425年テオドシウス2世によって創立され、哲学医学算術幾何学天文学音楽修辞学、その他の分野を受け持つ三十一の講座が設置された。そのうち十五講座はラテン語で、十六講座はギリシア語で教授された。この大学は15世紀まで存続した[9]

大多数の学生が高等教育で習うのは主に修辞学、哲学、法であった。有能で教養ある人物を国や教会の官僚のポストに就けるのがねらいであった。この意味で大学は神学校の世俗世界における相似物であった。大学は長期にわたって耐えることのなかったプラトン学派とともに、プラトニズムやアリストテレス主義の伝統に基づいた生きた哲学の伝統を維持し、二つの千年紀にまたがって15世紀にその幕を閉じた。

マグナウラ学派が9世紀に起こり、11世紀には哲学と法の新しい学派が宮廷学校で生まれた。国家としては1204年第4回十字軍とともに落日期を迎えるが大学はオスマン帝国によるコンスタンティノープル陥落まで教会の援助を受けて不安定ながらも存続した。

議題と思想[編集]

ビザンティン哲学の主な特徴:[3]

  1. 実体の原理としてだけではなく存在の原理としての神の位格(存在論、形而上学)
  2. 神による世界の創造と時間的に始まりと終わりのある宇宙
  3. 世界創造が続けられることとその意味
  4. 時間の中に存在し魂によって認識できる世界の具現化されたものとしての感覚的な世界がその無時間的な基盤を神的な知性(「ヌース」)のうちに持っていること

世界と人間は摂理 (神学)摂理にとっての主題だが、東ローマの哲学者たちは、自由意思と自己決定の必要性を強調した。不死なる魂はそのエネルギーの下で創造されたのではなくそれ自体の下で創造された。魂は精神を加えた肉体であり、決定の事由によって幸福を達成する知性と直接に関連している。神と人間の関係は愛に基づいている。愛によって創造における人間の中心地が説明される[3]

ネオプラトニズム[編集]

神の神秘的・宗教的理解と哲学的理解の関係は東ローマ帝国の歴史を通じて様々な発展段階を経た。ビザンティン哲学における心としてのヌースは人間の心または魂と調和されたときにのみ理解の中心的な役割を与えられた。人間の全体的な構成単位としての魂理性的・思索的存在としての心人の心の全き部分。キリスト教とギリシア哲学の混淆の初期の物は現在ではネオプラトニズム的なものとされている。その例はオリゲネスと彼のヌースに関する教えに見いだされる。彼によれば、全ての魂は創造者より前に「知性」つまりヌースとして完全に霊魂的な(非物質的な)状態で先在していたが、後に神から独立した存在を追求するために堕落していった。全ての魂は完全に自由に創造されたので、神は単純に自分の元に戻ってくるよう強いることはできない(これは、オリゲネスによれば、神の被造物に対する愛と敬意による)。にもかかわらず、神は移り気な魂を神の無限な心の考えの内に戻ってくるよう導くために物質的な宇宙を創造し、歴史を始まらせる。これはオリゲネスによると、完全な状態である[10]

脚注[編集]

  1. ^ J・メイエンドルフ, p. 118
  2. ^ a b c Smart, p. 151-152
  3. ^ a b c d Phil Linos Benakis
  4. ^ J・メイエンドルフ, p. 167
  5. ^ ibid, p. 169
  6. ^ ibid, p. 170
  7. ^ ibid, p. 171
  8. ^ Rietbergen, p.101
  9. ^ Myriobiblos
  10. ^ Apokatastasis - In pre-Christian Stoic and Middle Platonic philosophy, this term referred to the universal restoration of the cosmos to the state in which it was first constituted by the divine mind or first principle. The great Christian theologian Origen of Alexandria used this term to denote the final restoration of all souls to God. According to Origen, all souls pre-existed with their Creator in a perfect, spiritual (non-material) state as "minds," but later fell away in order to pursue an existence independent of God. Since all souls were created absolutely free, God could not simply force them to return to Him (this was, according to Origen, due to God's boundless love and respect for His creatures). Instead, God created the material cosmos, and initiated history, for the purpose of guiding the wayward souls back to contemplation of His infinite mind, which is, according to Origen, the perfect state. This obviously excludes any concept of eternal damnation or hell. http://www.theandros.com/glossary.html

参考文献[編集]

  • J・メイエンドルフ、鈴木浩訳、『ビザンティン神学 歴史的傾向と教理的主題』、新教出版社、2009年
  • B. N. Tatakis, (1949), La philosophie Byzantine, Paris. English translation: Byzantine Philosophy by Nicholas Moutafakis, Hackett Publishing, 2003.
  • Katerina Ierodiakonou, (2002), Byzantine Philosophy and Its Ancient Sources. Oxford University Press
  • Linos Benakis, (2002), Texts and Studies on Byzantine Philosophy, , Parousia, Athenai, 2002
  • Phil Linos Benakis, "Byzantine philosophy" entry in the Routledge Encyclopedia of Philosophy, 1998
  • Alberto del Campo Echevarría, (2010), La teoría platónica de las Ideas en Bizancio (ss. V-XI), Universidad Complutense de Madrid, Madrid, 2010
  • Peter Rietbergen, Europe: A Cultural History, 1998
  • Ninian Smart, World Philosophies, Routledge

関連項目[編集]

外部リンク[編集]