ビクトル・ラバナレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトル・ラバナレス
基本情報
本名 Victor Manuel Rabanales
階級 バンタム級
身長 164cm
リーチ 165cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1962年12月23日(51歳)
出身地 チアパス州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 73
勝ち 49
KO勝ち 26
敗け 21
引き分け 3
テンプレートを表示

ビクトル・ラバナレスVictor Rabanales、男性、1962年12月23日 - )は、メキシコの元プロボクサー。第19代WBC世界バンタム級王者。マヤ文明の時代からメキシコのジャングル奥地に住む先住民族ラカンドン族の1人であり、ボクシングの基本から離れた型破りのファイトスタイルでWBC世界バンタム級王者となった。2001年には日本で総合格闘技の試合も行った。

来歴[編集]

1983年8月13日、プロデビュー(初回TKO勝ち)。その後は3連敗を2度経験するなど、苦しいプロキャリアを経験。

1991年5月20日、39戦目で世界初挑戦。WBC世界バンタム級王者グレグ・リチャードソン米国)に挑むが、12回判定負け。王座奪取に失敗。

1992年3月20日、世界再挑戦。WBC世界バンタム級暫定王座決定戦に出場し、李勇勲韓国)に9回負傷判定勝ち。44戦目で世界王座獲得を果たし、その後2度の防衛に成功。

1992年9月17日、日本のリングに初登場。大阪でWBC世界バンタム級正規王者辰吉丈一郎と統一戦を行い、9回TKO勝ち。正規王者に昇格した(記録上は3度目の防衛に成功)。1993年1月25日にはダドイ・アンデュハル(フィリピン)を12回判定に降し、(暫定王座獲得から数え)4度目の防衛に成功。

1993年3月28日、敵地でソウルオリンピック韓国代表選手でもあった辺丁一(韓国)を相手に5度目の防衛戦を行ったが、12回判定負けで王座から陥落。

1993年7月22日、大阪で辰吉と再戦(WBC世界バンタム級暫定王座決定戦出場/当初、この日は辰吉が辺に挑戦する予定であったが、辺が5月の初防衛戦で左手を骨折したためラバナレスとの暫定王座決定戦に変更された)。フルラウンドの激闘の末、1-2の判定負け(ジャッジ3人とも1 - 2点差の僅差)で、辰吉の雪辱を許す。

1994年6月17日、NABF北米バンタム級王者ウェイン・マッカラー北アイルランド)に挑戦したが、僅差ながら12回判定負け(この試合はWBC世界同級挑戦者決定戦も兼ねて行われた)。

1994年11月14日、日本のリングに三たび登場。後楽園ホールでフィリピン出身のジュン・タン・佐藤とノンタイトル戦を行い、7回KO勝ち。

1995年9月14日、後の2階級世界王者ラファエル・マルケスのデビュー戦の相手を務め、8回KO勝ち。

1997年7月4日、4年ぶりの世界挑戦。敵地でWBC世界バンタム級王者シリモンコン・ナコントンパークビュータイ)に挑むも大差の12回判定負け。

2000年9月22日、WBU世界スーパーバンタム級王座に挑戦するも、9回TKO負け。

2001年4月12日、旧スペイン語圏バンタム級王座獲得。

2001年10月30日、WBC中米カリブバンタム級王座獲得。

2001年12月23日、総合格闘技初挑戦となったDEEP村浜武洋と対戦。試合開始直後にテイクダウンされ、開始40秒膝十字固めで一本負け[1]

2003年7月17日、WBC中米カリブスーパーバンタム級王座決定戦に出場したが、8回負傷判定負け。

2003年11月21日のノンタイトル戦で10回判定負けしたのを最後に引退。

人物[編集]

  • 一見すると単なるラフファイターに見えるが、長いリーチでアウトボクシングをすることもあり、勝負所で連打するなど緻密な面もある。ジョー小泉はラバナレスの細かい技術を高く評価していた。
  • ラカンドン族の名がニックネームとなり、ビクトル・「ラカンドン」・ラバナレスとコールされることもあった。
  • ラカンドン族は一夫多妻制であり、3人の妻がいた。後に1人の妻と離婚した。

戦績[編集]

プロボクシング[編集]

73戦 49勝(26KO) 21敗 3分

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 村浜武洋 1R 0:40 膝十字固め DEEP2001 3rd IMPACT X'mas in DIFFER ARIAKE 2001年12月23日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
李勇勲
WBC世界バンタム級暫定王者

1992年3月30日 - 1992年9月17日

次暫定王者
王座統一により消滅
前王者
辰吉丈一郎
第19代WBC世界バンタム級王者

1992年9月17日 - 1993年3月28日

次王者
辺丁一