ビクトリア大学 (カナダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャンパス入り口のUVic看板

ヴィクトリア大学University of Victoria、通称:UVic[1]は、カナダブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアにある総合大学である。学生数約19,000人。

バンクーバー島の南端、人口約33万人の海に囲まれた都市ビクトリアに位置し、年間を通じた温暖な気候と公園のような美しいキャンパスで有名。大学の規模や美しい環境、コーオプ教育[2]プログラムが学生の志望動機にあげられている。ビクトリア大学のコーオプ教育プログラムは、カナダで3番目の規模である。

日本の提携校には上智大学明治大学立教大学青山学院大学立命館大学関西学院大学同志社大学甲南大学同志社女子大学東京海洋大学成蹊大学がある。(2010年現在)[3] [4]

歴史[編集]

1963年7月1日ブリティッシュコロンビア大学から独立し、ビクトリア大学として単独の大学機関となる。それ以前は、ビクトリアカレッジとして、60年間に渡り、大学レベルの教育を実施してきた伝統ある学校だった。

ビクトリアカレッジ (1903-1963)[編集]

カレッジ誕生と高等教育停止[編集]

1903年から1915年までは、ビクトリアカレッジ (Victoria Collegeの名称で、モントリオールのマギル大学付属の分校として、人文と科学分野の1-2年次だけを教えていた。その当時は、ビクトリア教育委員会の管理のもと、ビクトリア高校 (Victoria High Schoolと施設を共有していた。両校の学長は、1903年-1908年のE・B・ポールと1908年-1915年のS・J・ウィリアムスが勤めた。

1908年の州議会の決定に基づき、ブリティッシュコロンビア大学(以後UBC)が1915年に開学され、ビクトリアカレッジは高等教育の実施を停止することとなった。

クレイグダロック城[編集]

クレイグダロック城

1920年、地元の要望により、ビクトリアカレッジはUBCの付属校となった。ビクトリア教育委員会の管理下ではあったが、ビクトリア高校とはキャンパスを完全に分離し、1921年にクレイグダロック城 (Craigdarroch Castleに移動した。 その後20年、再登板したポール学長とP・H・エリオット学長の努力もあり、学際を網羅した1-2年次の教育を行うという評判を得ていった。その当時に学生だったピエール・バートン (Pierre Bertonは、学生新聞「The Microscope」の人気漫画家兼編集者だった。バートンは後に、ノンフィクション作家で、カナダ史やカナディアーナ (Canadianaを扱った。ジャーナリスト、テレビのパーソナリティとしても活躍した。

大学設置へ[編集]

1945年から1963年は、J.M. Ewing学長とW.H. Hickman学長の下、2年生カレッジから総合大学へと成長する移行期間となった。この間の運営は、UBC、グレータービクトリア教育委員会 (Greater Victoria School Board、ブリティッシュコロンビア州教育課の三者を代表とするビクトリア・カレッジ会議にかわる。

このころ、さまざまな変更があった。1946年、戦後の再編の中、ビクトリアカレッジは、クレイダーロック城から、州立教員養成学校のランズダウンキャンパスに移動した(現在のカモウソン・カレッジ (Camosun Collegeのランズダウンキャンパス)。長年の歴史を持ち、高い評価を受けてきた州立教員養成学校は、1956年に教育学部として、ビクトリア・カレッジに加わる。その後、カナダ国防省 (Department of National Defenceハドソン湾会社の協力により、284エーカー(1.1km²)(現在385エーカー(1.6km²))の土地をゴードンヘッドに取得した。1956年以降は学問の面でも拡張を始め、UBCの付属校としてではあるが、初めての学位取得者を1961年に輩出した。

ビクトリア大学誕生 (1963-)[編集]

大学の自治権獲得に向け、1963年のユニバーシティー・アクト(州法の大学設置法)では以下の内容が確定した。

運営権は大学総長(Chancellor)が保有すること。大学総長は、大学評議会(Convocation of the University)と理事会(Board of Governors)、理事会から指名された学長から投票によって選ばれる。学問的な権限は、学部大学評議会双方を代表する大学議会(University Senate)に付託される

現在、大学の学章学旗には、大学の歴史伝統が反映されている。文学士フッドは赤く、マギル大学付属校時代を思わせる。理学士のフッドは金色、教育学士のフッドは、UBCの色である青になっている。青と金色は、その後も、ビクトリア大学の公式色として使用され続けている。紋章の最上部には大学のモットーヘブライ語で「Let there be Light」(「光あれ」)、最下部にはモットーがラテン語で「A Multitude of the Wise is the Health of the World」(「多くの賢人世界の健全」)と書かれている。

キャンパス[編集]

メインキャンパスは、グレータービクトリア (Greater Victoriaのゴードンヘッド (Gordon Head地区にある。広さ403エーカー(1.6km2)で、オークベイ (Oak Bayとサーニッチ (Saanichの二つの行政区をまたがる。キャンパス設計と構想の原案は、サンフランシスコ建築設計会社、Wurster, Bernardi and Emmonsが作成した。キャンパスの設計方針としては、直径600mの真円を一方通行のリングロードという環状路にして、円の内側に主な研究・教育用校舎を施設し、円の外側に学生組合会館、大学書店、学生寮・宿舎、スポーツ施設などの付随施設を配置した形になっている。

ビクトリア大学は州立であり、植物園、大学図書館等を含むキャンパスは原則として一般に開放されている。主な建物は以下のとおり。

  • 医学棟
  • 商・経済学部棟 - 学長室および大学上級管理職のオフィスがある
  • クラリヒュー(人文学部)ビル。
  • フェニックスシアター (演劇学科を擁する大学劇場)、および隣接する芸術学部施設。
  • ユニバーシティセンター - キャンパスの中心としてカフェテリア、各種学生サービス、大公会堂(オーディトリアム)などが入っている。
  • 学生組合会館 - "SUB (Student Union Building の略)"として知られている。映画館フードコート古書店クラブ団体の本部、学生運営のラジオ局 CFUV 101.9FM、学生パブ Felicita's、多機能イベントルーム等がある。
キャンパス内のあらゆる場所に顔を出すウサギ。学内の文書やメディアのニュースにも顔を出す。近所のペットの末裔だと考えられている。
  • 体育施設、スタジアム等。
  • 大学書店。バスターミナルに隣接し、コンピューターショップ、コーヒーショップ、牧会カウンセリング室、職業案内所などが入っている。
  • 数学・社会科学部棟。
  • マクファーソン中央図書館の増築工事が2008年5月に完成し、学習コモンズ、就職相談室を擁するマーンズ学習センターとなった。

またビクトリア市街の中心部に大学美術館レガシー美術館(Legacy Art Gallery)、大学が所有するホテル・パブ(Swans Hotel & Pub)がある。

  • マクローレン教育学部ビル。教材図書館、コーヒーショップ、音楽学科および音楽堂など。

大学は、多くの学生用宿舎を提供をしており、シングルまたはダブルの寮室、4人でシェアするアパート(クラスター・ハウジング)、家族用マンションタイプのもの(ラム・ファミリー・ハウジング)などがある。 学内には3,200人の学生が住む。

大学には森林が隣接しており、鹿ふくろうリス、ほか大学設立前から生息している野生動物がキャンパスに顔を出す。まれにクーガーが出没することもある。

学部と学科[編集]

ランキング[編集]

カナダで全国的に有名な法学部は2005年の Canadian Lawyer 誌のロースクール調査で第1位にランクされている。またカナダの代表的週刊ニュース誌『マクリーンズ』 (Maclean'sの2007年度大学ランキングでは前年より順位を上げ、中規模総合大学部門 (Comprehensive) 第1位、その後も例年首位を争っている。

世界的に権威のある英国のTHES誌が2010年に発表した世界大学ランキングでは130位(日本の大阪大学と同率)にランクされ、これはカナダの全大学中6位である。 [3]

また、2012年にTHES誌が発表した全世界の開学50年未満の大学を対象とした「新興大学ランキング」では11位、北米では3位に選ばれた。[4]

運動部[編集]

大学は、運動部のチーム名であるビクトリア・バイクス (Victoria Vikesとして、カナダ西部大学運動競技協会(CanWest (Canada West Universities Athletic Association)、カナダ・インターユニバーシティー・スポート(CIS (Canadian Interuniversity Sport)と全国インターカレッジ運動競技協会(NAIA (National Association of Intercollegiate Athletics)に参加している。

大学には現在、以下のスポーツチームがある。

バスケットボール(男女)

クロスカントリートラック(男女)
フィールドホッケー(男女)
ゴルフ(男女)
漕艇(男女)
ラグビー(男女)
サッカー(男女)

水泳(男女)

大学には、スポーツの殿堂がある。 最近殿堂入りした人物に、指導者部門では、2年間日本のトップリーグチーム指導経験もあり、その後アテネオリンピックのバスケットボールオーストラリア代表コーチ、2006年にNBAプレーオフで、ミルウォーキー・バックスのコーチコンサルタントなどを歴任したケン・シールズ (Ken Shieldsや、アスリート部門では、カナダラクビーを代表する存在で、代表キャップ数55(内22がキャプテンとして)、1999年のラグビー・ワールドカップでも、カナダ代表キャプテンを務めたギャレス・リーズ (Gareth Reesなどがいる。

クラブ[編集]

スポーツクラブ[編集]

ビクトリア大学には28のスポーツクラブがある。以下に例を示す。

フィギュアスケート部、ホッケー部、アウトドア部[5]、ヨット部[6]、バドミントン部、テニス部、社交ダンス部、水球部、ジャグリング部、乗馬部、剣道部、シンクロ水泳部、サーフィン部[7]、スキー&スノーボード部

その他のクラブ[編集]

学生関連[編集]

人物[編集]

学長[編集]

  • David H. Turpin、2000年~2010年現在

卒業生[編集]

約88,000人の卒業生を輩出し、政財界、行政、文芸、スポーツなど、多方面で活躍している。

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ "U of V" と略記されることもある。
  2. ^ コーオプラティブ教育の略。共同教育とも。
  3. ^ Japanese Partner Universities, University of Victoria
  4. ^ [1]
  5. ^ The UVic Outdoor Club: キャンパス内最大級の活動団体。メンバーが健康的で活動的な生活を送るためにさまざまな活動を展開している。ハイキング、クライミング、自転車、カヤックなど、毎週定期的な活動を企画している。
  6. ^ The UVic Sailing Club: 初心者の学生や職員にヨットを教えると同時に、経験者は格安料金で航行、競技、技術を向上させる機会を提供している。
  7. ^ トフィーノ (Tofinoに定期的にサーフィンに出かけている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]