ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス

ビクトリア・デ・ロス・アンヘレスカタルーニャ語:Victòria dels Àngelsスペイン語:Victoria de los Ángeles, 1923年11月1日 - 2005年1月15日)は、スペインカタルーニャソプラノ歌手フィリピンアンヘレス市とは無関係。

バルセロナ出身。幼少期より声楽とギターを習い始め、長じてリセウ高等音楽院に進んでピアノと声楽を学んでいる。1944年にバルセロナでリサイタルを開いてプロ・デビューを飾る。翌年にはリセオ歌劇場(リセウ大劇場)でモーツァルトフィガロの結婚』の伯爵夫人役を歌ってオペラ歌手としてもデビューする事になるが、リセウ音楽院在籍中の1941年にはプッチーニラ・ボエーム』のミミ役を歌うという形で舞台経験は既にあったようである。

その後1947年のジュネーヴ国際音楽コンクールで優勝して脚光を浴びるようになる。1948年にはBBC放送でファリャの『はかなき人生』のサルード役、1949年パリ・オペラ座グノーの『ファウスト』マルガレーテ役を歌い、1950年にはザルツブルク音楽祭コヴェント・ガーデンロイヤル・オペラ・ハウスミラノスカラ座にデビューするなど国際的な大舞台で大活躍する日々を送る事になる。この年はニューヨークカーネギー・ホールでリサイタルを開き、アメリカデビューも果たしている。

翌1951年の5月には『ファウスト』マルガレーテ役でメトロポリタン歌劇場にデビュー、1961年までほとんど毎年のように出演を続け、生地の歌劇場を除くとロス・アンヘレスがもっとも多く登場したオペラ・ハウスはメトロポリタンであろうと言われている。1957年にはウィーン国立歌劇場にもデビュー。

1961年にはバイロイト音楽祭に登場、この年と翌1962年にサヴァリッシュの指揮で『タンホイザー』を歌っているが、この頃からオペラ・ハウスとは少しずつ距離を置き始め、コンサート活動の方に軸足を移して行く事になる。この時代のリサイタル活動でもっとも有名な録音は1964年、ロンドンロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのムーアとの共演をライヴ録音した『イン・コンサート』である。

1992年、彼女の生地で開かれたバルセロナオリンピックの閉会式でカタルーニャ民謡『鳥の歌』を歌った事は記憶に新しい。

外部リンク[編集]