ビアンカ・ランチア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアンカとフリードリヒ2世。マネッセ写本より

ビアンカ・ランチア・ダリアーノ (Bianca Lancia d'Agliano, 1200年 - 1244/46年)は、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の愛妾。ピエモンテ貴族ランチア(ランチャ)家の出身。ベアトリーチェ・ランチャ(Beatrice Lancia)とも呼ばれる。

1225年、アリアーノ(アスティ近郊、現在のアリアーノ・テルメ)でおこなわれたフリードリヒとエルサレム女王ヨランドの結婚式で、フリードリヒはビアンカと出会った。彼はビアンカを愛妾とし、彼女が亡くなる数日前に正式に結婚したと言われている。2人の間には、コンスタンツァ(1230-1307、ニカイア帝国皇帝ヨハネス3世ドゥーカス・ヴァタツェスの二度目の妃)、のちのシチリア王マンフレーディ(1232-1266)を含む子供たちが生まれた。