ビアンカ・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアンカ・ライアン
(2007年)}
(2007年)
基本情報
出生 1994年9月1日(20歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ゴスペルポップスR&B
職業 歌手
活動期間 2003年-
レーベル SYCO Music/コロムビア・レコード
公式サイト http://www.biancaryan.com

ビアンカ・ライアンBianca Taylor Ryan1994年9月1日 - )はアメリカの女性歌手。オーディション番組「America's Got Talent」シーズン1優勝者。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。母方の祖母は日本人

略歴[編集]

4人兄妹の2番目として生まれる。2006年8月、NBCのオーディション番組「America's Got Talent」シーズン1で、わずか11歳で優勝を果たした。

2006年11月、セリーヌ・ディオンホイットニー・ヒューストンを手がけるデビッド・フォスターのプロデュースで、アルバム「Bianca Ryan」でデビュー。

NFLフィラデルフィア・イーグルスやNBAフィラデルフィア・76ersの試合などで国歌斉唱を行った。

好きな歌手として、ゴスペル歌手ヨランダ・アダムスマライア・キャリー、「アメリカン・アイドル」シーズン1優勝者ケリー・クラークソン、グラミー賞歌手ジェニファー・ホリデイ、R&B歌手パティ・ラベルらを挙げている。

2008年9月25日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」に出演し、スタジオで歌声を披露した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Bianca Ryan (2006年11月14日)
  • Why Couldn't It Be Christmas Everyday? (2007年12月5日)

シングル[編集]

外部リンク[編集]