ビアトリス・コロミーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビアトリス・コロミーナ (Beatriz Colomina) は、スペイン生まれのアメリカ合衆国の建築史家、建築理論家。プリンストン大学建築学部教授。バルセロナ建築大学卒業。同大学よりPh.D。

1982年にコロンビア大学にスペインからやって来たのち1988年にプリンストン大学に移り、同大学にメディアと近代というプログラムを設立した。 建築や近代諸組織の表象の問題、とりわけ出版、写真、広告、映画、テレビの諸問題について書いてきた。『アッサンブラージュ』、『ダイダロス』、『グレイ・ルーム』の編集委員。


主要な著作[編集]

  • 『マスメディアとしての近代建築、アドルフ・ロースとル・コルビュジエ』 松畑強訳 、鹿島出版会、1996。(Privacy and Publicity: Modern Architecture As Mass Media, Adolf Loos and Le Corbusier The MIT Press, Cambridge, Mass., 1994)ISBN-13: 978-4306043442