ヒースロー・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒースロー・エクスプレス

ヒースロー・エクスプレスHeathrow Express)はイギリスのロンドン・ヒースロー空港ロンドン中心部とを結ぶ空港アクセス列車であり、その列車運行会社英語版たる企業(Heathrow Express Operating Company Limited[1])でもある。

概要[編集]

ロンドンの主要ターミナル駅のひとつであるパディントン駅とヒースロー空港内の鉄道駅との間を結ぶ列車ヒースロー・エクスプレスは、日中15分間隔で空港まで途中停車せずダイレクトに結んでいる。空港内の停車駅はヒースロー・セントラル駅(ターミナル1,2,3)および終着駅のヒースロー・ターミナル5駅で、所要時間はパディントン駅~ヒースロー・セントラル駅が約15分、ターミナル5駅までが約21分となっている。 2009年11月時点での定時運行率は99.9%とロンドン地下鉄と比べて高い。

運賃は、駅のチケットオフィスまたは券売機で購入した場合、片道がスタンダードクラスで21.00、ファーストクラスで£29.00である。往復で購入すると、スタンダードクラスで£34.00、ファーストクラスで£52.00と割引になる。ヒースロー・セントラル駅とターミナル5駅との間は無料で利用できる。全区間において、トラベルカードオイスターカードは利用できない。

車両は、クラス332が使われている。車内では、無線LANサービス(有料)が利用できる他、携帯電話が常時(トンネルの中でも)使用できるようになっている。

この他、途中駅に停車するヒースロー・コネクトという列車もほぼ同じルートで運行されている。

ヒースロー・エクスプレス・シャトル[編集]

パディントン駅発着のヒースロー・エクスプレスはヒースロー・ターミナル4駅には乗り入れない。そのため、パディントン駅発着のヒースロー・エクスプレスとヒースロー・セントラル駅で接続してヒースロー・ターミナル4駅を結ぶ区間列車ヒースロー・エクスプレス・シャトル(Heathrow Express Shuttle)が日中15分間隔[2]、所要時間4分で運行されている。この列車によるヒースロー・セントラル駅とヒースロー・ターミナル4駅相互間も無料で利用できるが、ヒースロー・ターミナル4駅からヒースロー・セントラル駅で乗り換えてパディントン駅に向かう乗客のため、ヒースロー・ターミナル4駅でも乗車券を発売している。

車両[編集]

クラス名 画像 種類 最高速度 編成数 運転区間 製造年
 mph   km/h 
クラス 332 332002 at Paddington.jpg 電車 100 160 14 ロンドン・パディントン - ヒースロー・ターミナル5駅 1997-1998
クラス360/2英語版 電車 100 160 1 ヒースロー・セントラル駅 - ヒースロー・ターミナル4駅 2004-2005

停車駅一覧[編集]

2013年12月8日改正ダイヤによる停車駅は次の表のとおり[3]

駅名 日本語訳 H
E
H
E
S
H
C
乗換路線・備考
Paddington パディントン駅 サークル線
ディストリクト線
ハマースミス&シティー線
ベーカールー線
Acton Main Line アクトン・メイン・ライン駅
Ealing Broadway イーリング・ブロードウェイ駅 ディストリクト線
セントラル線
West Ealing ウェスト・イーリング駅 グリーンフォード支線(分岐)
Hanwell ハンウェル駅
Southall サウスオール駅
Hayes and Harlington ヘイズ・アンド・ハーリントン駅 グレート・ウェスタン本線(分岐)
Heathrow Central
Terminals 1, 2 & 3
ヒースロー・セントラル駅
(旧・ヒースロー・ターミナル1,2,3駅)
ピカデリー線
Heathrow Terminal 4 ヒースロー・ターミナル4駅 ピカデリー線
Heathrow Terminal 5 ヒースロー・ターミナル5駅 ピカデリー線
凡例
HE…ヒースロー・エクスプレス
HES…ヒースロー・エクスプレス・シャトル
HC…ヒースロー・コネクト
●…停車駅(▲…平日の最終パディントン行のみ停車、◎…早朝深夜と日曜全列車が通過、○…平日早朝深夜の一部列車と日曜の全列車が発着、△月-木曜夜間のパディントン行2本のみ発車)|…通過駅∥…経由せず

企業[編集]

ヒースロー・エクスプレス(ヒースロー・エクスプレス・シャトルを含む。)の列車運行会社である企業Heathrow Express Operating Company Limitedは、ヒースロー・エアポート・ホールディングスの玄孫会社Heathrow Airport Limitedの子会社(ヒースロー・エアポート・ホールディングスから見れば来孫会社)である[4]。また、ファースト・グレート・ウェスタンとともに、ヒースロー・コネクトの列車運行会社たる共同企業体を構成している。 これらの列車運行のほか、空港ターミナル各駅の管理も行う。もっとも、車両や駅、線路はHeathrow Airport Limitedが所有している[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Heathrow Express Operating Company Limited Annual report and financial statements for the year ended 31 December 2012 (PDF)”. 2014年3月11日閲覧。
  2. ^ 日曜日は、毎時4往復のヒースロー・エクスプレス・シャトルのほか毎時1往復のヒースロー・コネクトも同区間を運行するため、等時隔運行でない。
  3. ^ “National Rail Timetable(Sunday 08 Dec 2013 to Saturday 17 May 2014)”Table 117及びTable 118。
  4. ^ Debt in the Group's structure”. 2014年3月11日閲覧。
  5. ^ 前出“Heathrow Express Operating Company Limited Annual report and financial statements for the year ended 31 December 2012”p.12

外部リンク[編集]