ヒンドゥスターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒンドゥスタンから転送)
移動: 案内検索
ヒンドゥスターンの地図の一例 (1831年)。現在のインドのほか、パキスタンバングラデシュスリランカネパールまで含まれている例。

ヒンドゥスターンヒンドゥスターニー: Hindustān [ɦɪn̪d̪ʊst̪aːn]ヒンディー語表記: हिन्दुस्तानウルドゥー語表記: ہندوستان)、英語: Hindustan) は、インドないしインド亜大陸の地域、もしくはインドの別名である。ヒンドゥースターン(Hindoostan)とも呼ばれる。

語源[編集]

ヒンドゥー」(Hindu) に、ペルシャ語で「土地」を表す「スターン」 (‐stan) をつけた語で、「ヒンドゥー教徒の土地」を意味する。

範囲[編集]

その具体的な範囲は一定せず、以下のような意味がある。

インダス川以東[編集]

古代ペルシャ人は、インダス川より東方を総じてヒンドゥスターンと呼んでいた[1]

インド北部[編集]

インド北部ヒマラヤ山脈デカン高原の間の平原地帯[2][1][3]。西はパンジャブから、東はアッサムにいたる。

北インド平野部分をヒンドゥスターン平原と呼んだり、北インドを中心に通用する言語(インドの第1言語ヒンドゥー語パキスタンの第1言語ウルドゥー語が含まれる)を共通の言語と考えてヒンドゥスターニーと呼んだりする。

ヒンドゥー教地域[編集]

文字どおり、ヒンドゥー教地域とする[3]。おおよそ、インド(インド共和国)の領土に一致する。

イギリス領インド分離独立構想で、イスラーム教徒の国であるパキスタンに対する言葉としてよく使われた。ただし、当時の構想では、(最終的にはインドとパキスタンに分割された)パンジャーブ州ベンガル州の全域がパキスタンに帰属することが想定されており、また、藩王国の帰属は未定だった。

ヒンドゥスターンは最終的に、ヒンドゥスターンではなくインドとして独立した。しかし、その後もインドの主要な自動車製造会社の名称(ヒンドゥスタン・モーターズ)や航空機製造会社の名称(ヒンドゥスタン・エアロノーティックス)に付されていたり、インドの主要な新聞の名称に「Hindustan Times」および「Hindustan Dainik」があるなど、現在まで根強く使われている。

インド亜大陸[編集]

最も広義には、インド亜大陸全域を意味する[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 三省堂コンサイス外国地名事典』第3版 (1998)「ヒンドゥスターン」
  2. ^ 岩波書店広辞苑』第5版 (1998)「ヒンドゥスターン」
  3. ^ a b 研究社リーダーズ英和辞典』初版 (1984)「Hindustan」