ヒロハシサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒロハシサギ
Cochlearius cochleariaPCCA20071227-8443B.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
: ヒロハシサギ属 Cochlearius
(Brisson, 1760)
: ヒロハシサギ C. cochlearius
学名
Cochlearius cochlearius
和名
ヒロハシサギ
英名
Boat-billed Heron

ヒロハシサギ(広嘴鷺、学名:Cochlearius cochlearius)は、コウノトリ目サギ科に分類される鳥類の一種である。別名ヒロハシゴイ。本種1種でヒロハシサギ属を形成する。

分布[編集]

メキシコ中央アメリカから、アルゼンチン北部までの熱帯、亜熱帯地域に分布する。

形態[編集]

体長45-50 cm。顔は灰色がかった白色で、頭頂部は黒色。後頭部には黒く長い冠羽があり、背中まで伸びている。体の上面は青みがかった灰色で、胸や腹部は淡い褐色である。嘴は黒色で脚は灰色で、繁殖期には脚の色が黄色がかってくる。

本種の最大の特徴は嘴の形状で、サギ科の種としては例外的に幅が広く顔と比べると大きくなっている。この嘴の形状が生態上何に役立っているのかは不明である。

生態[編集]

熱帯雨林やマングローブ林の水辺に生息する。夜行性。

魚類甲殻類昆虫類を捕食する。泥で濁った場所で好んで採餌する。

番いか小さなコロニーを形成して繁殖し、1腹2-4個の卵を産む。抱卵期間は25-35日である。雌雄ともに抱卵する。

亜種[編集]

以下の5亜種に分類される。

  • Cochlearius cochlearius zeledoni
  • Cochlearius cochlearius phillipsi
  • Cochlearius cochlearius ridgwayi
  • Cochlearius cochlearius panamensis
  • Cochlearius cochlearius cochlearius


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、33-34頁