ヒレル主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒレル主義ヒレル派ヘブライ語: בית הלל‎, 英語: House of Hillel, Hillelite(s))とは紀元前一世紀律法学者(ミシュナーラビタンナーイームヒレルHillel the Elder)が説いた律法の内面性を重んじる思想のことである。ヒレルは当時の律法の形骸化を厳しく批判し、律法の中で最も重要なものは「神への愛」と「隣人愛」であると説いた。

ユダヤ教では基本的な神学のひとつであるが、「新約聖書」においてはイエスの名において「善きサマリア人のたとえ」でこの教えを非ユダヤ人異教徒ゴーイ)にも適用されているため、ヒレル主義はキリスト教における神学の重要な源流の一つともなった。

関連項目[編集]