ヒルベルト・ケブ・バース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒルベルト・ケブ・バース
基本情報
本名 ヒルベルト・ホセ・ケブ・バース
通称 Baby Luis V
階級 ライトフライ級
身長 159cm
リーチ 161cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1977年10月21日(37歳)
出身地 ユカタン州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 61
勝ち 35
KO勝ち 22
敗け 22
引き分け 4
テンプレートを表示

ヒルベルト・ケブ・バースGilberto Keb Baas、男性、1977年10月21日 - )は、メキシコプロボクサー。元WBC世界ライトフライ級王者。ユカタン州出身。負け数の多さ(22敗)が目に入るが、トップ選手との対戦を経験し使っていくうちに強くなっていく選手であり、プロ15年目に世界王座獲得に成功した苦労人でもある。

来歴[編集]

1995年11月18日、プロデビュー。

その後はユカタン州ライトフライ級王座やWBCアメリカ大陸ミニマム級王座やWBCムンドヒスパノミニマム級王座に挑戦するも、あと少しの所で獲得失敗に終わっている。

1999年5月6日、マリアノ・ゴンザレスが持つNABF北米フライ級王座に挑戦し、12回判定勝ち。王座獲得に成功した。

その後1度防衛するも、2000年4月6日、オスカー・アンドラーデと2度目の防衛戦を行い、12回判定負け。王座から陥落した。

2000年12月15日、世界初挑戦。アリアントエナジーセンターにて、エリック・モレルが持つ、WBA世界フライ級王座に挑戦するも、12回判定負け。王座獲得に失敗した。

2004年6月4日、ブライアン・ビロリアが持つNABF北米フライ級王座に挑戦。返り咲きを狙っていたが、11回ボディショットでダウンを奪われそのままカウントアウト。KO負けで、王座返り咲きに失敗。

2005年12月17日、レグロ・ガメスとWBCアメリカ大陸ライトフライ級王座を賭け対戦し、4回KO勝ちで王座獲得に成功した。

2006年2月16日、ポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBC世界フライ級王座に挑戦。何もできず12回大差判定負け。王座獲得ならず。

その1か月後の3月29日、エドガル・ソーサとメキシコライトフライ級暫定王座を賭け対戦し、判定では僅差にまで追い詰めたが、決め手を欠き判定負け。

再起3連敗後の10月14日、クリスチャン・ゴメスが持つ、NABF北米フライ級暫定王座を賭け対戦し、3回TKO勝ちで王座返り咲きに成功した。その後正規王座に昇格し2度防衛した。

2007年4月30日、オマール・サラドとエドガル・ソーサが持つWBC世界ライトフライ級王者への挑戦権を賭け対戦するも、僅差判定負け。過去に敗れているソーサとのリベンジのチャンスを逃した。

2008年3月8日、アドリアン・エルナンデスと、NABF北米ライトフライ級並びにWBCアメリカ大陸ライトフライ級並びにWBCインターナショナルライトフライ級王者統一戦を行い、4回TKO負け。統一に失敗した。

その後は引き分けを挟み、4度の再起失敗を含み、4連敗と後がなくなり、引退寸前だったが、2010年9月17日、ジョスエ・ベガとWBCアメリカ大陸ライトフライ級王座決定戦に登場し、8回TKO勝ちで王座獲得と同時に再び世界挑戦へのチャンスを取り戻した。

2010年11月6日、4年振りの世界挑戦。オマール・ニーニョ・ロメロが持つ、WBC世界ライトフライ級王者に挑戦。百戦錬磨のベテラン同士の技の見せ合いになり、初回と8回にダウンを奪いゲブ・バースが有利に試合を進め、12回2-0の判定勝ち。王座獲得の瞬間涙を流し、歓喜に浸りプロ15年目にして念願の世界王座戴冠に成功した。

たちまち苦労人世界王者として注目されるようになったゲブ・バースは、2011年2月26日、元WBC世界ミニマム級王者ホセ・アントニオ・アギーレと初防衛戦を行った。4度も2階級制覇挑戦に失敗しているアギーレ2階級制覇に強い気持ちがあり、積極的にKO狙いで強打を打っていく。それに対し、ゲブ・バースは、多くの試合で裏打ちされた技巧で裁く。どんどんゲブ・バースが有利に試合を進め、2者がフルマークでゲブ・バースを支持。もう一人もほぼフルマークを支持し、リードを奪う。9回ダメージが色濃く残ったアギーレを見たトレーナーが棄権を申請。アギーレの2階級制覇を阻止と同時に初防衛に成功した。試合後アギーレは現役を引退した。

2011年4月30日、ドン・キングコロシアムにて、アドリアン・エルナンデスと、2度目の防衛戦を行った。3年振りの対戦もあって因縁カードとして注目された。エルナンデスの強打をまともに喰らい技巧が機能せず、10回に1点減点された。11回開始10秒ゲブ・バースの傷が悪化し、ドクターストップがかかりTKO負け。王座から陥落した。

2012年2月18日、マリオ・ロドリゲスと再起戦をフライ級契約10回戦で行った。ミニマム級世界ランカーロドリゲスとライトフライ級ランカーゲブ・バースによるランカー同士の対戦。ロドリゲス勝ったらランキングが上昇し世界挑戦に近くなるのに対し、ゲブ・バースが勝ったらコンパヤック・ポープラムックとの指名試合と両者の思いがぶつかった試合となり、5回ロドリゲスのボディショットを喰らったゲブ・バースがダウンしカウントアウト。KO負けで再起に失敗し、指名試合が白紙になった。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
オマール・ニーニョ・ロメロ
第29代WBC世界ライトフライ級王者

2010年11月6日 - 2011年4月30日

次王者
アドリアン・エルナンデス