ヒュー・ケアンズ (初代ケアンズ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代ケアンズ伯爵ヒュー・ケアンズ
Hugh Cairns, 1st Earl Cairns
Hugh Cairns, 1st Earl Cairns - 1860s.jpg
1860年代のヒュー・ケアンズ
生年月日 1819年12月27日
没年月日 1885年4月2日 (満65歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドボーンマス
出身校 ダブリン大学トリニティ・カレッジ
ミドル・テンプル
前職 弁護士
所属政党 保守党
称号 初代ケアンズ伯爵英語版枢密顧問官(PC)、勅選弁護士英語版(QC)
配偶者 メアリー・ハリエッタ

イギリスの旗 大法官貴族院議長)
内閣 第一次ディズレーリ内閣
第二次ディズレーリ内閣
任期 1868年2月29日 - 1868年12月1日
1874年2月20日 - 1880年4月28日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ベルファスト選挙区英語版[2]
任期 1852年7月7日 - 1866年[2]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1867年 - 1885年[2]
テンプレートを表示
シェフィールドの教会通りにあるケアンズ卿の像。

初代ケアンズ伯爵、ヒュー・マッカルモント・ケアンズ: Hugh McCalmont Cairns, 1st Earl Cairns, PC, QC1819年12月27日 - 1885年4月2日)は、イギリスの政治家、法律家、貴族。

保守党の政治家、また法曹として活躍。保守党党首ベンジャミン・ディズレーリの側近として二度のディズレーリ内閣に大法官として入閣した。

経歴[編集]

1819年に軍人ウィリアム・ケアンズとその後妻ロザーナ(旧姓ジョンストン)の間の三男として誕生[3]

1838年ダブリン大学トリニティ・カレッジからバチュラー・オブ・アーツ英語版(BA)やバチュラー・オブ・ロー英語版の学位を取得して卒業。1844年にミドル・テンプルに入学して弁護士資格を取得[3]

1852年から1866年にかけてはベルファスト選挙区英語版から選出されて保守党所属の庶民院議員を務めた[3]

法律家としても活躍を続け、1856年には勅選弁護士英語版となり、1858年から1859年にかけては法務次官英語版、1866年には法務総裁英語版、1866年から1868年にかけては上訴法廷英語版の裁判官(法官貴族)となる[3]

1867年にケアンズ・オブ・ガーモイル男爵の爵位を与えられた[3]

政界においてケアンズ卿はベンジャミン・ディズレーリと親しかった[4]1868年2月から12月にかけて成立した第一次ディズレーリ内閣では、ディズレーリに睨まれて大法官の座を追われた初代チェルムズフォード男爵英語版に代わって大法官(貴族院議長)として入閣している[5][3]。さらに野党期の1869年には保守党貴族院院内総務英語版となったが、一会期で辞職した[6]。1874年から1880年にかけての第二次ディズレーリ内閣でも大法官として入閣した[7]。閣内でも最も首相ディズレーリと親しい閣僚の一人であった[8]

1878年にはケアンズ伯爵英語版の爵位を与えられた[3]

1885年4月2日にボーンマスで死去した[3]

栄典[編集]

爵位[編集]

  • 1867年、初代ケアンズ・オブ・ガーモイル男爵(連合王国貴族爵位)
  • 1878年、初代ケアンズ伯爵(連合王国貴族爵位)
  • 1878年、初代ガーモイル子爵(連合王国貴族爵位)[3]

その他[編集]

家族[編集]

1856年にメアリー・ハリエット・マクネイルと結婚し、彼女との間に以下の7子を儲けた[3]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.508
  2. ^ a b c UK Parliament. “Sir Hugh Cairns” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年1月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “Hugh MacCalmont Cairns, 1st Earl Cairns” (英語). thepeerage.com. 2014年2月6日閲覧。
  4. ^ ブレイク(1993) p.629
  5. ^ ブレイク(1993) p.570
  6. ^ ブレイク(1993) p.603
  7. ^ ブレイク(1993) p.630
  8. ^ ブレイク(1993) p.635

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ジョン・チチェスター卿英語版
ロバート・ジェームズ・テナント
ベルファスト選挙区英語版選出庶民院議員
同一選挙区当選者
リチャード・デヴィソン英語版(1860年まで)
サミュエル・ギブソン・ゲッティ(1860年から)

1852年英語版1866年
次代:
サミュエル・ギブソン・ゲッティ
チャールズ・ランヨン英語版
司法職
先代:
サー・ヘンリー・シンガー・キーティング英語版
イギリスの旗 法務次官英語版
1858年1859年
次代:
サー・ヘンリー・シンガー・キーティング英語版
先代:
サー・ラウンデル・パルマー
イギリスの旗 法務総裁英語版
1866年
次代:
サー・ジョン・ロルト英語版
公職
先代:
初代チェルムズフォード男爵英語版
イギリスの旗 大法官
1868年
次代:
初代ハザレイ男爵英語版
先代:
初代セルボーン男爵
イギリスの旗 大法官
1874年1880年
次代:
初代セルボーン男爵
党職
先代:
第3代マームズベリー伯爵
保守党貴族院院内総務英語版
1869年1870年
次代:
第6代リッチモンド公爵
イギリスの爵位
新設 初代ケアンズ・オブ・ガーモイル男爵
1867年1885年
次代:
アーサー・ケアンズ英語版
初代ケアンズ伯爵英語版
1878年1885年