ヒモハクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒモハクジラ
保全状況評価
DATA DEFICIENTIUCN Red List
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : トックリクジラ亜科 Hyperoodontinae
: オウギハクジラ属 Mesoplodon
: ヒモハクジラ M. layardii
学名
Mesoplodon layardii
(Gray1865)
和名
ヒモハクジラ
英名
Layard's Beaked Whale

ヒモハクジラ(紐歯鯨、Mesoplodon layardii)は、ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属するクジラである。オウギハクジラ類としては大型の種である。

オウギハクジラ類の特徴は下顎の歯であるが、特にヒモハクジラの歯は牙のように長い独特の形状である。和名のヒモ(紐)はこの特徴のある歯を紐に見立てたものである。種小名の layardii および英名の Layard's は、ヒモハクジラの頭蓋骨を最初に報告し、南アフリカ博物館 (South African Museum) の館長としても知られるエドガー・レイヤード (Edgar Leopold Layard) に由来する。他の英名としてはStrap-toothed Whale(紐のような歯のクジラの意)がある。

形態[編集]

ヒトと比較したヒモハクジラの大きさ

ヒモハクジラの体型はオウギハクジラ類としては典型的であるが、同属の他種に比べて大型であり、オウギハクジラ属の中では一番大きいと考えられている。

オウギハクジラ類の雄の特徴である下顎の歯は非常に長く、30cm以上になることもある。この歯は後方に45度傾いており、さらに内側にも傾斜しているため、その歯が邪魔になって雄は口を完全に開けることができない。ただし、食餌の際の妨げになるということはないようである (CMS)。その歯には小歯状突起があり、争う際に使用されるようである。またその歯にフジツボが付着していることも多い。なぜこれほど大きな歯を有するのかは不明である。

頭部メロンは幾分膨らんでいるが明瞭ではない。口吻は長く、唇の線は比較的直線状である。身体の配色は他のオウギハクジラ類に比べるとはっきりしており、全身はほぼ黒であるが、口吻の先端、喉、頭部後方、生殖器の周囲などが白い。未成熟な個体の配色は異なっており、背側が濃い灰色で、腹側が明るい灰色である。胸びれは小さく幅が狭い。また背びれは鎌形あるいは三角形で、やはり小型である。尾鰭は三角形で切れ込みが無く、灰色の前縁を持つ。[1]ダルマザメによる噛み傷や他の雄と争った時の傷を持つことが多い。

雄の体長は5.9mほど、雌は若干雄よりも大きく6.1mほどである。体重は1,000kgから1,300kgに達する。産まれた直後の体長は2.8m程度と考えられている。

生息域、生息数[編集]

ヒモハクジラの生息域

多くの座礁(ストランディング)の記録と僅かな海上での観察報告から、ヒモハクジラは南半球に生息していると思われる。

全生息数は不明である。国際自然保護連合 (IUCN) のレッドリストにおいてはDD(Data Deficient、データ不足)に分類されている。

生態[編集]

群の大きさなどは不明である。イカを食べることがわかっている。雄は長く延びた歯のために、雌や未成熟な個体のように大きく口を開けることができない。そのため雄が食べることができるイカの大きさは100g以下ほどに制限されてしまう。

保護[編集]

捕鯨の対象となったことはなく、刺し網などによる混獲の被害も報告されていない。他のオウギハクジラ類と比べれば生息数は安定していると思われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界哺乳類図鑑』 200 - 201頁

参考文献・外部リンク[編集]

  1. Cetacean Specialist Group (1996). Mesoplodon layardii 2006 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006.
  2. Encyclopedia of Marine Mammals,William F. Perrin, Bernd Wursig and J. G. M. Thewissen Eds., Academic Press (2002). ISBN 0-12-551340-2
  3. Randall R. Reeves, Brent S. Steward, Phillip J. Clapham and James A. Owell, Sea Mammals of the World, A & C Black, London (2002). ISBN 0-7136-6334-0.
  4. Strap-toothed Whale Australian Museum, Fact sheets
  5. Strap-toothed Whale Texas A&M University-Corpus Christi
  6. Mesoplodon layardii CMS (Conservation on Migratory Species)
  7. 海棲哺乳類図鑑「ヒモハクジラ」 国立科学博物館 動物研究部
  • ジュリエット・クラットン・ブロック 『世界哺乳類図鑑』 ダン・E・ウィルソン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、200 - 201頁。ISBN 4-7875-8533-9