ヒメヌマエビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメヌマエビ属 Caridina
Himenumaebi-yokoshima.jpg
ヒメヌマエビ Caridina serratirostris
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目) Pleocyemata
下目 : コエビ下目 Caridea
: ヌマエビ科 Atyidae
亜科 : ヒメヌマエビ亜科 Atyinae
De Haan, 1849
: ヒメヌマエビ属 Caridina
H. Milne Edwards, 1837
下位分類群
現生種279種、化石種1種

ヒメヌマエビ属、学名 Caridina は、ヌマエビ科の属の一つ。ヌマエビ科の中でも最多の種を抱えるグループである。タイプ種トゲナシヌマエビ C. typus H. Milne Edwards, 1837 である。

南日本を含むインド太平洋沿岸の熱帯・亜熱帯域に多くの種類が知られ、低緯度ほど種類数・個体数とも多い。日本産ヌマエビ類でも約20種のうち半分が本属であり、南西諸島で種類が多い。

頭胸甲は眼上棘(複眼の上の棘)がなく、前側角(眼と触角の下、口の横に突き出た部分)も棘にならず丸みを帯びる。また、地下水生の種類でも眼は完全には退化せず、少なくとも外形は残る。

等の淡水域、更には地表のみならず井戸洞窟等の地下水脈にも生息し、種類によって好みの環境に棲み分ける。繁殖形態は大卵少産種と小卵多産・両側回遊種に分けられる。小卵多産・両側回遊種は孵化したゾエア幼生がに流下して成長するため、分布域が広い。一方の大卵少産種にはタイプ産地だけに知られる種も多い。スラウェシ島では古代湖で多くの固有種が発見されている。

他のヌマエビ類と同様にアクアリウムにおける飼育対象となり、ヤマトヌマエビ C. multidentata をはじめとした地表淡水生の各種が流通している[1][2][3][4]

構成種[編集]

2009年の時点で現生種279種・化石種1種が記録されている。21世紀に入ってもなお、アフリカ東南アジア中国等の各地で新種が報告されている[1][2][3][4][5][6]

  • Caridina acutirostris Schenkel, 1902 - スラウェシ島固有種
  • C. alba J. Li et S. Li, 2010 - 中国・地下水生[7]
  • C. atyoides Nobili, 1900 - インドネシア
  • C. blancoi Chace, 1997 - ルソン島のみ
  • C. brevicarpalis De Man, 1892
    • C. b. brevicarpalis De Man, 1892 - インドネシア、フィジー
    • C. b. endehensis De Man, 1892 - フィリピン、インドネシア
  • C. bruneiana Choy, 1992 - ブルネイ
  • C. bunyonyiensis J. Richard et P. F. Clark, 2005 - ウガンダ・Bunyonyi湖に生息
  • C. celestinoi Blanco, 1939 - フィリピン、タイプ標本のみ
  • C. cognata De Man, 1915 - ニューギニア、タイプ標本のみ
  • C. demani J. Roux, 1911 - ニューギニア島
  • C. dennerli Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. devaneyi Choy, 1991 - フィジー[8]
  • C. ensifera Schenkel, 1902 - スラウェシ島固有種
  • C. fecunda J. Roux, 1911 - ニューギニア島イリアンジャヤ
  • C. fijiana Choy, 1983 - フィジー固有種[8]
  • C. glaubrechti Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. gordonaeJ. Richard et P. F. Clark, 2005 - ウガンダ・Bunyonyi湖に生息
  • C. gracilirostris De Man, 1892 - ナガツノヌマエビ/インド太平洋沿岸、日本では久米島での記録のみ
  • C. grandirostris Stimpson, 1860 - ツノナガヌマエビ/沖縄
  • C. holthuisi Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. imitatrix Holthuis, 1968 - ニューカレドニア固有種[9]
  • C. laevis Heller, 1862 - ジャワ島
  • C. laevis Blanco, 1935 [not Heller] - ルソン島
  • C. lanceolata Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. laoagensis Blanco, 1939 - ルソン島のみ
  • C. leucosticta Stimpson, 1860 - ミゾレヌマエビ/西日本-南西諸島、朝鮮半島
  • C. leytensis Blanco, 1939 - レイテ島のみ
  • C. linduensis J. Roux, 1904 - スラウェシ島固有種
  • C. lingkonae Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. loehae Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. longidigita Cai et Wowor, 2007 - スラウェシ島固有種
  • C. longirostris H. Milne Edwards, 1837 - ツノナガヌマエビ/東南アジア
  • C. mahalona Cai, Wowor et Choy, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. masapi Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. mengae Liang, 1993 - 中国[10]
  • C. mengaeoides Guo et Suzuki, 1996 - 中国[10]
  • C. mertonii J. Roux, 1911 - インドネシアのみ
  • C. modiglianii Nobili, 1900 - インドネシアのみ
  • C. multidentata Stimpson, 1860 - ヤマトヌマエビシノニム C. japonica De Man, 1892)/南日本、フィジー、マダガスカルまで
  • C. nilotica (P. Roux, 1833) - エジプトからインドネシア
    • C. n. paeninsularis (Kemp, 1918) - バヌアツ[9]
  • C. nudirostris Choy, 1984 - フィジー固有種[8]
  • C. novaecaledoniae Roux, 1926 - ニューカレドニア固有種[9]
  • C. opaensis J. Roux, 1904 - スラウェシ島固有種
  • C. pareparensis De Man, 1892 - スラウェシ島固有種
  • C. parvula Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. paucidentata Wang et Liang, 2005 - 中国[11]
  • C. prashadi Tiwari et Pillai, 1971 - サキシマヌマエビ(シノニム C. sakishimensis Fujino et Shokita, 1975[12]
  • C. profundicola Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. propinqua De Man, 1908 - マングローブヌマエビ/先島諸島・インド太平洋[13]
  • C. pseudoniloticaJ. Richard et P. F. Clark, 2005 - ウガンダ・Bunyonyi湖に生息
  • C. rouxi De Man, 1915 - ニューギニアのみ
  • C. rubella Fujino et Shokita, 1975 - アシナガヌマエビ/南西諸島のみ・地下水生[13]
  • C. sarasinorum Schenkel, 1902 - スラウェシ島固有種
  • C. schlenkeli Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. semiblepsia Guo, Choy et Gui, 1996 - 中国[14]
  • C. serratirostris De Man, 1892 - ヒメヌマエビ/南日本を含むインド太平洋沿岸
    • C. s. var. celebensis De Man, 1892 - コテラヒメヌマエビ(別種 C. celebensis De Man, 1892 とする見解もある)
  • C. spinata Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. spongicola Zitzler et Cai, 2006 - スラウェシ島固有種[15]
  • C. striata Von Rintelen et Cai, 2009 - スラウェシ島固有種
  • C. subventralisJ. Richard et P. F. Clark, 2005 - ウガンダ・Bunyonyi湖に生息
  • C. sundanella Holthuis, 1978 - 小スンダ列島のみ
  • C. tenuirostris Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. timorensis De Man, 1893 - ティモール島のみ
  • C. towutensis Woltereck, 1937 - スラウェシ島固有種
  • C. trifasciata Yam et Cai, 2003 - 香港[16]
  • C. typus H. Milne Edwards, 1837 - トゲナシヌマエビ/南日本を含むインド太平洋沿岸
  • C. villadolidi Blanco, 1939 - ルソン島のみ
  • C. vitiensis Borradaile, 1898 - スリランカからニューギニア[8]
  • C. weberi De Man, 1892 - リュウグウヒメエビ/インドネシアからポリネシア
  • C. woltereckae Cai, Wowor et Choy, 2009 - スラウェシ島固有種

参考文献[編集]

  1. ^ a b 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 I』ISBN 4586300620 1982年 保育社
  2. ^ a b Fenner A. Chace, Jr."The Caridean Shrimps (Crustacea:Decapoda) of the Albatross Philippine Expedition, 1907-1910, Part 7: Families Atyidae, Eugonatonotidae, Rhynchocinetidae, Bathypalaemonellidae, Processidae, and Hippolytidae" Smithsonian Contributions to Zoology No. 587,Smithsonian Institution Press, Washington, D.C. 1997
  3. ^ a b Kristina von Rintelen, Yixiong Cai"Radiation of endemic species flocks in acient lakes: Systmatic revision of the freshwater shrimp Caridina H. Milne Edwards, 1837 (Crustacea: Decapoda: Atyidae) from the ancient lakes of Sulawesi, Indonesia, with the description of eight new species" The Raffles Bulletin of Zoology 2009 57(2): 343-452
  4. ^ a b Sammy De Grave, N. Dean Pentcheff, Shane T. Ahyong et al. (2009)"A classification of living and fossil genera of decapod crustaceans" Raffles Bulletin of Zoology, 2009, Supplement No. 21: 1–109, National University of Singapore
  5. ^ Yixiong Cai, Peter K. L. Ng, Shigemitsu Shokita, and Kiyoshi Satake"On the species of Japanese Atyid shrimps (Decapoda: Caridea) Described By William Stimpson (1860)" Journal of Crustacean Biology 26(3):392-419. 2006 - ウィリアム・スティンプソンが記載した Caridina acuminata Stimpson, 1860(和名ヒラツノヌマエビ)、およびC. brevirostris Stimpson, 1860 は、ミナミオニヌマエビ Atyoida pilipes (Newport, 1847) のシノニムであることが示された。
  6. ^ Jasmine Richard and Paul F. Clark"Caridina nilotica (P. Roux, 1833) (Crustacea: Decapoda: Caridea: Atyidae) from East Africa, with descriptions of four new species"Proceedings of the Biological Society of Washington 118(4):706–730. 2005.
  7. ^ Jingchun Li , Shuqiang Li"Description of Caridina alba, A new species of blind Atyid shrimp from Tenglongdong Cave, Hubei province, China(Decapoda, Atyidae)" Crustaceana, Volume 83, Number 1, 2010 , pp. 17-27
  8. ^ a b c d S. C. Choy"The Atyid shrimps of Fiji with description of a new species"Zoologische Mededelingen 65 (1991)
  9. ^ a b c G. Marquet, N. Taiki, L. Chadderton, P. Gerbeaux[http://www.onema.fr/BFPP/bfpp/Article/364/364p217.pdf "Biodiversity and biogeography of freshwater crustaceans (Decapoda: Natantia) from Vanuatu, A Comparison with Fiji and New Caledonia"] Bull. Fr. Pêche Piscic. (2002) 364 : 217-232
  10. ^ a b Zhao-Liang Guo, Suzuki Hiroshi"Caridina mengaeoides, a new species of freshwater shrimp (Decapoda: Caridea: Atyidae) from Hunan Province, China"Crustacean research (25), 98-103, 1996-12-20 日本甲殻類学会
  11. ^ Wang Li-Qing, Liang Xiang-Qiu"A new species of Caridina (Decapoda, Caridea) from Yunnan, China" Acta Zcwtaxonbmica Sinica, 30 ( 4 ) : 748-750 (Oct., 2005)
  12. ^ 琉球大学資料館(風樹館)収蔵資料目録 第1号 : 琉球大学資料館(風樹館)収蔵タイプ標本目録 (1), 69, 2009-03-31(解説: 成瀬貫)[和名] サキシマヌマエビ [学名] Caridina prashadi Tiwari & Pillai, 1971
  13. ^ a b 沖縄県文化環境部自然保護課『改訂版 レッドデータおきなわ-動物編- (6)甲殻類』(解説 : 藤田喜久・諸喜田茂充)2005年
  14. ^ Zhaoliang Guo, Sutish C. Choy and Qiamin Gui"Caridina semiblepsia, A new species of troglonic shrimp (Crustacea: Decapoda: Atyidae)from Hunan province, China" The Raffles Bulletin of Zoology 1996 44(1): 65-75
  15. ^ Kristina Zitzler, Yixiong Cai Caridina spongicola, New species, a freshwater shrimp(Crustacea: Decapoda: Atyidae) from the Ancient Malili lake system of Sulawesi, Indonesia" The Raffles Bulletin of Zoology 2006 54(2): 271-276
  16. ^ Rita S. W. Yam, Yixiong Cai "Caridina trifasciata, A new species of freshwater shrimp(Decapoda: Atyidae) from Hong Kong" The Raffles Bulletin of Zoology 2003 51(2): 277-282
  • : aquamoss.ch - ヒメヌマエビ属とカワリヌマエビ属の種リスト