ヒメアジロガサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメアジロガサ
Gifthäublinge.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌亜門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Basidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: フウセンタケ科 Cortinariaceae
: ケコガサタケ属 Galerina
: ヒメアジロガサ G. marginata
学名
Galerina marginata (Batsch) Kühner
和名
ヒメアジロガサ

ヒメアジロガサ(学名 Galerina marginata)はケコガサタケ属に属するキノコの一種。猛毒アマトキシン類を含む。

特徴[編集]

傘は茶色く、かすかに条線がある。ひだは黄褐色。茎は下に行くほどこい茶色となり、膜質のつばがあるが取れやすい。夏から秋にかけて針葉樹などの枯れ木に発生する。

人間との関係[編集]

このキノコはアマトキシンを含んでいるため、食べると中毒する。しかし、見た目が茶色く温和なうえ、エノキタケナラタケセンボンイチメガサとよく似ているため誤食されることが多い。

よく似たキノコ[編集]

関連項目[編集]