ヒホン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒホン国際映画祭(ヒホンこくさいえいがさい、スペイン語: El Festival Internacional de Cine de Gijón)は、1963年に設立された映画祭である。それは地方自治体の主導で誕生し、主にヒホン市評議会と当時のカハ・デ・アオロ・デ・アストゥリアス(現在のカハストゥール英語版)の後援によるものだった。どちらの機関も依然としてその映画祭の中心的な主催者であり、資金面ではアストゥリアス州の文化評議会、スペイン文化省、MEDIAプログラムを通した欧州委員会が支援している。

ホセ・ルイス・シエンフェゴス事務局長は、ファン・ホセ・プランスの死後1995年に任命された。その時、映画祭は、市内の大部分の観光と文化の活動を引き受けているSMTFG(La Sociedad Mixta de Turismo y Festejos de Gijón, S.A.)に依拠していた。 テアトロ・ミュニシパル・ホベリャノスの再開と市内の文化・音楽・エンターテインメント活動の着実な増加によりSMTFGは2つに分けられることになり、1996年5月にEMAMテアトロ・ミュニシパル・ホベリャノス・デ・ヒホン(La Entidad Mercantil Artístico-Musical Teatro Municipal Jovellanos de Gijón, S.A.)が設立された。 この団体はテアトロ・ミュニシパル・ホベリャノスと市の文化と市民の催事を運営し、ヒホン国際映画祭の組織化に役割を果たしている。

過去数年を通して、最も名声のある独立映画製作の専門家たちの中で、回想とオマージュの対象主体としてその映画祭への参加者がいた。それは、アッバス・キアロスタミアキ・カウリスマキトッド・ヘインズペドロ・コスタポール・シュレイダージョアン・セーザル・モンテイロ鈴木清順ジェム・コーエン英語版ケネス・アンガーウルリッヒ・ザイドルハル・ハートリールーカス・ムーディソン蔡明亮クレール・ドニトッド・ソロンズなどである。国内と国際ゲストの中で同様に言及すべきは、国際審査員のメンバーとしてまた映画祭の様々な部門で映画の上映をしている、ジョン・ケイルマリア・シュナイダーモンテ・ヘルマンパプリカ・スティーン英語版フリオ・メデムフェレ・マルティネスエルビラ・ミンゲスホルヘ・ペルゴリア英語版マリア・エステヴェトリスタン・ウジョア英語版ダニエル・ガスマン英語版ジャン・スヴィトコヴィッチ英語版である。

ヒホン国際映画祭はまた一連の催事があり、コース、パネルディスカッション、Q&A 、毎日のコンサートなどを、ライブの音楽パーティー同様に行う。 映画祭は競争の部門で様々な賞を授賞し、アストゥリアスの映画制作産業(Asturian cinema)を促進する目的で他の主催映画祭と協力している。それらの賞は国際的審査員(異なる国々からの5人以上の専門家で構成)、若い審査員(17歳から26歳の若者50人)、2005年からは加えてFIPRESCIの審査員により決定されている。

外部リンク[編集]