ヒドロキシピルビン酸レダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒドロキシピルビン酸レダクターゼ
識別子
EC番号 1.1.1.81
CAS登録番号 9059-44-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ヒドロキシピルビン酸レダクターゼ(hydroxypyruvate reductase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

D-グリセリン酸 + NAD(P)+ \rightleftharpoons ヒドロキシピルビン酸 + NAD(P)H + H+

反応式の通り、この酵素の基質はD-グリセリン酸とNAD(P)+、生成物はヒドロキシピルビン酸とNAD(P)HとH+である。

組織名はD-glycerate:NADP+ 2-oxidoreductaseで、別名にβ-hydroxypyruvate reductase, NADH:hydroxypyruvate reductase, D-glycerate dehydrogenaseがある。

グリシンセリントレオニングリオキシル酸ジカルボン酸の代謝酵素の一つである。

参考文献[編集]

  • Kleczkowski LA and Edwards GE (1989). “Identification of hydroxypyruvate and glyoxylate reductases in maize leaves”. Plant Physiol. 91: 278–286. doi:10.1104/pp.91.1.278. 
  • Kleczkowski LA, Randall DD (1988). “Purification and characterization of a novel NADPH(NADH)-dependent hydroxypyruvate reductase from spinach leaves. Comparison of immunological properties of leaf hydroxypyruvate reductases”. Biochem. J. 250: 145–52. PMID 3281657. 
  • Kohn LD, Jakoby WB (1968). “Tartaric acid metabolism. VII. Crystalline hydroxypyruvate reductase (D-glycerate dehydrogenase)”. J. Biol. Chem. 243: 2494–9. PMID 4385077.