ヒツジ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒツジ男(ヒツジおとこ、Goat man)とはUMAの一種。アメリカ合衆国で目撃されている。

訳名[編集]

ゴートマン(Goatman)を直訳すればヤギ男となる。しかし、目撃情報には「ヒツジのような角を生やしていた」というものもあり、またヤギヒツジは混同視されがちであるため、日本ではヒツジ男と訳される傾向が強い。本項もそれに倣う。

外見[編集]

多くの目撃者によると、「ヒツジのような顔を持つ怪物」とされる。体長は2mほど、筋骨質の体格をしており、体全体は「ヒツジのようにカールした灰色」で覆われているという。

ピッグマンワニ男のように体は人間に似ているといわれており、二足歩行をすることから、一種の獣人と考えられる。モンキーマンアスワング、ピッグマン(ブタ男)、カエル男モスマン(蛾男)、フクロウ男(オウルマン、アウルマン)、ワニ男、トカゲ男、と同様の半獣半人タイプ。

しかし、「顔が人間で体がヒツジ」、という目撃例もある(つまり人面羊)。

概要[編集]

目撃例の多くが、カリフォルニア州のサンタ・ポーラに集中している。

サンタ・ポーラには、かつてビリワック・デリー(Billiwack Dairy)という酪農工場があった。工場が倒産した後、この工場を中心に目撃が相次いだため「ビリワック・モンスター(billiwack monster)」とも呼ばれる。

軍の遺伝子実験説[編集]

倒産後、この工場は「軍の秘密工場」として使用され、そこで「極秘に行われていたの産物として、ビリワック・モンスターが誕生した」というエピソードを持つ。そのため、獣人型UMAの中でも、ピッグマンと並んで都市伝説色が特に強く、そのネーミングもあって非常にユーモア溢れる「愛すべき」存在として親しまれている。

見間違い説[編集]

黒魔術儀式で、羊のマスクを被った人間を見て、怪物と勘違いしたのでは?という説もある。

仮説[編集]

ヒツジ男については、以下のような仮説がある。

  • 未発見の生物
  • 地球外生命
  • 人間(もしくは動物)の突然変異
  • 人間(もしくは動物)の奇形
  • ピッグマンと同種、あるいは近似種
  • モンキーマンと同種、あるいは近似種
  • 宇宙人のペット説
  • 体毛が濃い不審者