ヒッポダミア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッポダミア
692 Hippodamia
仮符号・別名 1901 HD
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
キュベレー族?)
発見
発見日 1901年11月5日
発見者 マックス・ヴォルフ
アウグスト・コプフ
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 3.381 AU
近日点距離 (q) 2.804 AU
遠日点距離 (Q) 3.957 AU
離心率 (e) 0.171
公転周期 (P) 6.22 年
軌道傾斜角 (i) 26.11
近日点引数 (ω) 55.54 度
昇交点黄経 (Ω) 63.54 度
平均近点角 (M) 62.07 度
物理的性質
直径 45.90 km
自転周期 8.98 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 9.18
アルベド(反射能) 0.1785
色指数 (B-V) 0.860
色指数 (U-B) 0.435
■Project ■Template

ヒッポダミア (692 Hippodamia) は小惑星帯の外縁部に位置する小惑星である。ハイデルベルクでマックス・ヴォルフとアウグスト・コプフによって発見された。

ギリシア神話で、アガメムノンの祖先でペロプスの妻とされるヒッポダメイアにちなんで命名された。また仮符号のアルファベット部分が「HD」であることにも関係があると思われる (HippoDamia)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
リーハイ (小惑星)
小惑星
ヒッポダミア (小惑星)
次の小惑星:
ツェルビネッタ (小惑星)